【内装/外装/詳細/価格は?】ダイハツ・ブーン一部改良 安全装備強化

公開 : 2021.04.03 06:45

ダイハツは、小型乗用車「ブーン」を一部改良し、2021年4月1日から発売を開始しました。

全グレードで安全装備強化

ダイハツは、小型乗用車「ブーン」を一部改良し、2021年4月1日から発売を開始した。

「ブーン」はダイハツが軽自動車で培ってきた技術やノウハウをコンパクトカーに展開したモデル。

ダイハツ・ブーン
ダイハツ・ブーン    ダイハツ

2016年に現行モデルとなる3代目が発売された。

「ブーン」、「ブーン・シルク」に加え、2018年には「ブーン・スタイル」を設定し、3種のデザイン構成となった。

今回の一部改良では、グレード体系を整理し、全グレードにスマートアシストとオートライトを標準装備。

また、「ブーン」X LパッケージSA3にLEDヘッドランプを標準装備するなど安全性を向上させたうえで一部装備を見直した。

ボディカラーも一部変更し、新たにターコイズブルーマイカメタリックを追加した。

価格は据え置きで、126万5000円~192万6100円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ダイハツの人気画像

×