【ポニーカー対ホットハッチ】マスタングかフォーカスSTか ドライバーズ・フォードを比較 前編

公開 : 2021.05.01 09:45  更新 : 2021.05.17 15:06

ルックスに相応しい壮大な加速力

もし英国でマスタングのステアリングを握りたいなら、ブリットは魅力的な選択肢となる。V8エンジンは若干パワーアップし、サスペンションはアップグレード。ブレーキも大径化される。

見た目も良くなるし、サウンドも聴き応えが増す。標準のマスタングより良く走る。

イエローのフォード・フォーカスSTとダークグリーンのマスタング・ブリット
イエローのフォード・フォーカスSTとダークグリーンのマスタング・ブリット

今回の試乗車には、1600ポンド(24万円)のオプションとなる磁性流体ダンパーが組まれていて、驚くほど乗り心地が良かった。通常のマスタングは、舗装が乱れてくると落ち着きがなくなるのだが、そんな素振りは見せない。

ハイパワーな自然吸気エンジンのフィーリングは、最近ではめったに味わえない。久しぶりに高速で運転してみると、新鮮な体験に思えた。

5.0LのV8エンジンは、3500rpm以下の回転数ではとても穏やか。しかし最大トルクが得られる4600rpm前後を過ぎた辺りから、様相が変わっていく。アグレッシブなクルマの見た目にふさわしい。

まさに壮大な加速力。シフトアップのタイミングでクラッチを踏んでも、回転数の低下が遅いことは許してあげたい。メカニカルなMTで次のギアを選ぶタイミングは、慎重に図る必要がある。

北米市場では、スーパーチャージャーで過給されるマスタングGT500も売られている。最高出力は760psもある。とはいえ、マスタング・ブリットもれっきとしたデトロイトのマッスルカー。勇ましいルックスに負けないパワーを秘めている。

この続きは後編にて。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事