【ハンドリング輝くワゴン】プジョー508 PSE SW ハイブリッド4へ試乗 1.6LのPHEV 前編

公開 : 2021.04.29 08:25  更新 : 2021.04.29 13:46

電動化技術の推進に焦点を当てたプジョーのサブブランド、プジョースポール・エンジニアード。その先鋒に立つのがPHEVの508です。英国編集部が評価しました。

もくじ

プジョースポールが開発へ関与
1.6L 4気筒ターボにツインモーター
総合360psで0-100km/h加速は5.2秒

プジョースポールが開発へ関与

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
電動化技術に対する取り組みは、自動車メーカーによって内容が大きく異る。プジョーの場合は、モータースポーツ部門のプジョースポールの名を冠したサブブランドを生み出した。それが、プジョースポール・エンジニアード、通称PSEだ。

メルセデスAMGでは、エレクトリックのEの文字がつくと、V8エンジンが直列4気筒のハイブリッドに置き換わる。AMGにイメージする内容にそぐわず、好きになれない読者もいるだろう。

プジョー508 PSE SW ハイブリッド4(英国仕様)
プジョー508 PSE SW ハイブリッド4(英国仕様)

一方のプジョーは、1.6Lの4気筒エンジンを利用しながら、新領域といえる動的特性と楽しさが追加される。どうせなら、こちらの方が好ましい。

PSEは、フォルクスワーゲンにおけるRや、メルセデス・ベンツにおけるAMGといった位置付けと考えていいかもしれない。しかし、高性能なプラグイン・ハイブリッド(PHEV)モデルだけで構成するという、独自のアプローチを選んでいる。

基本的にPSEは、既存モデルをベースに開発される。そして、高性能なハイブリッドに対し知見を有する、プジョースポールが関わるところが最大のポイント。

どの程度の関与なのかは明らかではないが、小さくはないようだ。プジョーは2018年に世界ラリークロス選手権から撤退しているが、そのエンジニアたちがPSEに関わっているという。

プジョースポールと聞いて、ダカール・ラリーやル・マン24時間レースなどを思い浮かべる読者も多いと思う。実際、グループC時代には2度も優勝を掴んでいる。

1.6L 4気筒ターボにツインモーター

世界耐久選手権(WEC)参戦に向けて、ル・マン・ハイパーカー・クラスに該当するマシンを開発中でもある。2.6LのV型6気筒ハイブリッド・ユニットから、679psを絞り出すそうだ。

間もなくパワーユニットのダイノテストも始まる。フェラーリやトヨタといったライバルとともに、2021年の後半にはサーキットでの試走も始まる計画だという。

プジョー508 PSE SW ハイブリッド4(英国仕様)
プジョー508 PSE SW ハイブリッド4(英国仕様)

そんな超高速なハイブリッドが、われわれにも無縁ではないというのは強引だろうか。英国価格5万4000ポンド(810万円)からの508プジョースポール・エンジニアード(PSE)・ハイブリッド4も、遠い親戚に当たる。

PSEというサブブランドが与えられた初めてのモデルで、英国では2021年5月から販売がスタートする。見た目はかなりワルっぽい。それでいて、速い。

508 PSEのパワートレインは、508 ハイブリッド225をベースに改良を加えたもの。横置きされる1.6Lの4気筒ガソリンターボは、180psから200psへパワーアップしている。

8速ATに内蔵される円盤状の電気モーターはそのまま引き継がれ、最大110psを加勢する。ここまで読むと大したことはないが、PSEの肝となるのが追加されたリアモーター。

最大112psを上乗せさせることが可能で、前後のタイヤはつながっていないものの、理論としては四輪駆動となる。単純にこの馬力を合計すると422psになるが、そうならないのがPHEVだ。

リアシートの下には11.5kWhの駆動用リチウムイオン・バッテリーが載るが、その出力には限度がある。リアモーターへ多めに電力が割り振られる設定だというが、2基のモーターで最大160ps分のエネルギーしか供給できない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事