BMWのデザイン・ヘッドが交代

公開 : 2012.05.24 19:22  更新 : 2017.06.01 00:55

BMWはカリム・ハビブを6月1日からデザイン・ヘッドに昇格すると発表した。

レバノン生まれのカナダ人は、今までは主にエクステリア・デザインを担当しており、上級副社長のエイドリアン・ファン・ホーイドンクの下で働いていた。

ハビブは1998年にBMWのデザイン・チームに加わり、現行の7シリーズのデザインを行った。彼はインテリア・デザインもエクステリア・デザインも行なっている。

今後は、彼にBMWデザインのすべての責任がかかることとなる。

ハビブは以下のようにコメントしている。

「とても光栄なことであるし、この新しいチャレンジを楽しみにしている。BMWブランドをこれからつくりあげる大きなチームと共に働けることに喜びを感じている。」

エイドリアン・ファン・ホーイドンクは「カリム・ハビブは長年にわたってBMWのブランド・デザインに重要な影響を及ぼした著名なデザイナーだ。彼の長年の経験と、タイムリーなエレガンスを生み出す素質、そしてダイナミクスを生み出す才能は、この仕事にとって必要な条件だ。彼の仕事をサポートしていきたいし、コラボレーションできることを楽しみにしている」と語った。

関連テーマ