【曲線美な2台のクーペ】ロールス・ロイス・シルバーシャドウMPWとメルセデス・ベンツ280 SE 3.5 前編

公開 : 2021.05.16 07:05

パーソナル・ラグジュアリー側のクーペ

W111型の280 SEも、クラシック・オートモビルズ社が維持する1台。左ハンドルでサンルーフが備わり、地中海に浮かぶマルタから英国へやって来た。

驚くほどの純正状態で、現在は12万ポンド(1800万円)の値が付いている。売り主のアンソニーは、価格差に納得できない様子。「珍しい方はロールス・ロイス。それに、MPWの方が高く見えますよね」

メルセデス・ベンツ280 SE 3.5クーペ(1969-1971年/欧州仕様)
メルセデス・ベンツ280 SE 3.5クーペ(1969-1971年/欧州仕様)

シルバーシャドウMPWは、純正でフル装備状態だった。エアコンも1969年から標準。一方の280 SE 3.5は、パワーウインドウやヘッドレスト、ラジオ、パワーアンテナなどもオプション。W111オーナーの多くは、最高の装備で仕立てていたようだ。

デザインの美しさは、筆者の目では甲乙付けがたい。どちらのクーペもスポーティではなく、パーソナル・ラグジュアリー側にある。

全長が長く、全幅が少し狭い2ドアのシルバーシャドウMPWは、シンプルでエレガント。モデル名を示すエンブレムすら付いていない。プロポーションも美しく、肩の力が抜けた穏やかさが滲み出ている。

対象的に、クロームメッキが多めに散りばめられているW111型。一時期は冷遇されたクラシカルなロールス・ロイスとは異なり、1970年代のモダンな雰囲気がある。

全高が高いのはシルバーシャドウMPW。ところがフロントガラスが寝かされ、アルミ製ドアの開口部は意外に低く、乗り降りには頭をかがめる必要がある。アームチェアのように大きいシートは、電動で位置調整が可能。座面の高さも丁度いい。

この続きは後編にて。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事