【3.5L V8を積んだビュレット】トライアンフTR8 ブランドの最終章へ再試乗 後編

公開 : 2021.07.10 17:45

不評のTR7を支えるように遅れて登場した、V8エンジンを搭載するTR8。トライアンフというブランドの最後を飾った1台を、英国編集部がご紹介します。

数年前に工場を出たように綺麗

text:Greg Macleman(グレッグ・マクレマン)
photo:John Bradshaw(ジョン・ブラッドショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
今回ご登場願ったトライアンフTR8は、信じられないほど状態が良い。クラシックカーを扱うロバート・ヒューズが、アメリカ・イリノイ州から英国に戻した1台。また走行距離は6400km足らずだという。

通常ならシートの表皮が傷み、クロス類は色褪せし、ペダルはすり減るものだ。しかし、そんな時間経過を感じさせる部分は1つもない。数年前に工場を出たクルマと思わせるほど、綺麗なまま。

トライアンフTR8(1978〜1981年/欧州仕様)
トライアンフTR8(1978〜1981年/欧州仕様)

タイムカプセルで2021年まで眠っていたかのように、オリジナルのTR8の姿を観察できる。劣化した部品や、アフターマーケットの部品でアップデートされた部分もない。本来のドライビング体験を味わえる。

トライアンフTR8を間近で観察するが、基本的には兄弟モデルの初期のTR7と変わらない。大きなエV8ンジンを搭載する前提で、ボンネットにはパワーバルジが付いている。

ドアを占めると、ボディから大きな音が立つ。初期のクルマにはなかった、剛性の高さを感じさせる。

4気筒エンジンを載せたTR7のほとんどは、英国東部、マージーサイド州のスピーク工場で製造された。常に会社側と労働者との対立に悩まされ、最終的に工場は閉鎖。後に中部のコベントリー・キャンリーへ移された。

当然ながら、解雇通告を受け取っていない労働者が組み立てたクルマの方が、品質は高い。TR8でも同様だ。この状態の良いトライアンフも、それを示している。たくましいV8エンジンが目を覚ますと、さらに良さが際立つ。

先代よりハンドリングでは優れていた

一般道を走り始めると、139psを発生するローバー製の3.5L V8エンジンがTR8に丁度いい。4気筒エンジンよりトルクもパワーも勝り、0-97km/h加速は1秒以上も鋭い。

サスペンションは少々時代遅れながら、TR7は先代のTR6よりハンドリングでは優れていた。同じことが、大排気量のTR8にも当てはまる。

トライアンフTR8(1978〜1981年/欧州仕様)
トライアンフTR8(1978〜1981年/欧州仕様)

基本的には4気筒のTR7と変わらないものの、スプリングやダンパーなどはV8エンジンのたくましさに合わせて調整を受けている。エンジンルームにあったバッテリーは、バランスを取るためトランクへ移してある。

それでもフロント側が重いことは隠せないようで、強く減速させるとノーズが沈む。コーナーで少し攻め立てると、フロントタイヤがリアタイヤに押されるように、プッシング・アンダーが果てしなく続く。

しかし、ドライビング体験を大きく損なうほどではない。積極的にTR8を操れば、素直で信頼できるクルマだとわかる。ラリーで成功を収めたこともうなずける。

アクセルペダルを踏み続ければ、3.08:1とロングなアスクルレシオのおかげで、217km/hまで快適に加速を続ける。でも限界まで飛ばさず、カーブの続く郊外の道をV8エンジンのサウンドと一緒に楽しむ方が、より充足感は高い。

少なくない長所を備えるTR8だが、1980年代が始まる頃には敗北が見えていた。V8エンジンを載せたTR8が北米に登場したのは、1981年に入ってから。TR7の投入自体も、早いとはいえなかった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事