ポルシェ・カイエン、フェイスリフト

公開 : 2014.03.15 22:40  更新 : 2017.06.01 02:13

ポルシェは10月に行われるパリ・モーターショーでカイエンのフェイスリフトを発表する。その後、今年の終わり頃から発売が開始される予定だ。

カモフラージュが深くされているテスト車両だが、フロントとリア・バンパーが修正され、よりスリムになったテールライト・クラスターを中心にリア・エンド・デザインが変更されているのがわかる。また、そのリア・バンパーはよりスリムに見えるようにリデザインされている。更に、エグゾースト・パイプとリア・ディフューザーを含むバンパー下部のパーツも変更されているようだ。

フロント・エンドは新しいヘッドランプが与えられ、ボンネットも左右いっぱいに広げられている。新しいグリルとリデザインされたバンパーも特徴的だ。

エンジンは、パナメーラに使用されている次世代のハイブリッド・システムが採用されるほか、新たに3.0ℓターボのガソリン・エンジンもラインナップに加えられる。

このフェイスリフトを機に、価格は若干高くなりそうだ。ちなみに、現行のエントリー・モデルのディーゼルは£47,390(800万円)である。

今年で4年めを迎える2代目のカイエンだが、次世代のモデルの開発は既に進んでいる。フォルクスワーゲン・グループのMSBプラットフォームがベースとなるもので、これはベントレーのSUVにも使用されるもの。新しい3代目のカイエンは、2016年にベントレーのSUVが発表された後、2016年後半にデビューする予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事