【1000万で選ぶなら】マクラーレン12C BMW M3 CSL 同価格帯の2台を比較 前編

公開 : 2021.09.18 09:45  更新 : 2021.10.15 13:22

近年は同等の価格が付いている、マクラーレン12CとE46型BMW M3 CSL。一体どちらが魅力的な中古車なのか、英国編集部が比較試乗しました。

7万ポンド(1050万円)で買える2台

執筆:Ben Barry(ベン・バリー)
撮影:Luc Lacey(リュク・レーシー)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
クルマの価値は時代とともに変化する。BMW M3 CSLや、マクラーレン12Cであっても。取引価格が上昇するクルマもあれば、下降するクルマもある。その結果、今回の2台は同等の金額で手に入るようになった。

ガンメタリックのBMWは、2003年式のM3 CSL。新車当時、英国では5万8455ポンドの値段が付いていた。世界的な景気の悪化で一時は大幅に下落したが、2021年の例では、走行距離1万6000kmのCSLが7万3000ポンド(1095万円)で売れている。

シルバーのBMW M3 CSLとオレンジのマクラーレン12C(MP4-12C)
シルバーのBMW M3 CSLとオレンジのマクラーレン12C(MP4-12C

メタリックオレンジのマクラーレンは12C(MP4-12C)。10年前のデビュー当時、英国では16万8500ポンドでディーラーに並んだ。

現在の中古車市場を見渡してみると、2万4000kmから6万4000kmくらいの走行距離で、7万ポンド(1050万円)前後の値段が付いている12Cが、執筆時に英国で7台も見つかった。

マクラーレンには、もっと高い価格で売られているものもある。BMWには、もっと手頃な価格が提示されているものもある。だが7万ポンド(1050万円)用意すれば、そこそこの状態と内容で悩むことができる。さあ、どちらが良いだろう。

ランニングコストは、12Cの方が遥かに多く掛かるはず。だが、経験豊かな専門ショップを見つけられれば、正規ディーラーより手頃な費用でメンテナンスを受けることも不可能ではない。

実際、英国にはそんなガレージが存在する。今回の2台を貸し出してくれた、シルバーストーン・サーキットのそばに構えるソーニー・モータースポーツも、その1社だ。

VX220と12Cとの意外な共通性

経営者のジョン・ソーンは、BMW M3のレースカー開発で評判を高めた人物。その後、ロータス・エリーゼの派生モデル、ヴォグゾールVX220(オペル・スピードスター)でブランドを転向した。

技術を認められ、ヴォグゾールはディーラーで手に負えないトラブル対応を、ソーニー・モータースポーツ社へ依頼していたほど。6年前に、マクラーレンをメインに事業をシフトしている。

マクラーレン12C(MP4-12C/2011〜2014年/英国仕様)
マクラーレン12C(MP4-12C/2011〜2014年/英国仕様)

ポルシェフェラーリなどを専門とする独立系のガレージは、英国内に数か所あり、アフターサービスを受けられる。だがマクラーレンを得意とする場所は、それまで存在していなかった。結果、現在では一目置かれる存在だ。

ソーン自信も、ブリティッシュ・ツーリングカー選手権へ参戦した過去を持つ。ダカール・ラリーに向けて、ヤマハのファクトリー・マシンのシャシー制作を請け負ったこともあるという。

ここ6年ほどソーン自身が楽しんでいるのが、マクラーレン12C。詳しく理解するため、各部のメンテナンスを重ねている。当初は、VX220との関係性に驚かされたという。

「11名の技術者で12Cは設計されていますが、その内の9名はロータスでVX220の設計にも関与していました。使用している素材は異なります。しかし組み上げられている手法には、はっきり共通性を見ることができました」

ソーニー・モータースポーツ社の顧客リストには、現在350台のマクラーレンが登録されている。正規ディーラー以外で、英国ではマクラーレンの純正部品を最も購入している。年間30万ポンド(4500万円)が、部品代に費やされているらしい。

この記事に関わった人々

  • 執筆

    ベン・バリー

    Ben Barry

    英国編集部
  • 撮影

    リュク・レーシー

    Luc Lacey

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報部を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×