【Eクラスと同等の電動セダン】新型メルセデス・ベンツEQE 世界初公開 空力と静粛性に焦点

公開 : 2021.09.06 04:18  更新 : 2021.09.06 04:25

メルセデスの新たな電動モデル、「EQE」が発表されました。2022年に発売予定のミドルサイズセダンです。

EQSに続く高級電動セダン

執筆:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
翻訳:Takuya Hayashi(林 汰久也)

メルセデス・ベンツは、ミュンヘン・モーターショーで完全電動化に向けたいくつもの発表を行っているが、その中で最も重要なモデルが新型「EQE」だ。

このモデルは、フラッグシップのEQSに続く、ベンツのEVA2プラットフォームを採用した2番目のモデルであり、テスラモデル3BMW i4ポールスター2などに対抗するEVとして、2022年半ばに欧州で発売される予定だ。

新型メルセデス・ベンツEQE
新型メルセデス・ベンツEQE    メルセデス・ベンツ

新型EQEの価格は発売間近に決定されるが、EクラスとEQSのほぼ中間となる6万ポンド(約910万円)前後からになると見られている。

空力特性を最適化したボディ

ブラックのフロントパネルや、「ワン・ボウ」と呼ばれる室内重視のシルエット、ショートオーバーハングなど、EQSとの共通点が数多く見て取れる。

また、ボディパネルの継ぎ目やボディラインを最小限に抑えることで「官能的な純粋さ」を実現。リアエンドの形状や、19~21インチの幅広いサイズのホイールによって、EQEの「アスレチックなキャラクター」を表現しているという。

新型メルセデス・ベンツEQE
新型メルセデス・ベンツEQE    メルセデス・ベンツ

EQSと同様に空力性能を考慮して設計されており、滑らかなアンダーボディ、パネルの継ぎ目の低減、クローズドグリルの採用により、「非常に良い」Cd値を実現したとされている。

前後にマルチリンク式のスチール製サスペンションが標準装備されているため、EQSには及ばないが、空力の最適化は「特に集中的に行われた」とのこと。19インチと20インチの「エアロホイール」を特別に開発し、表面をほぼ完全に閉じたセットも用意している。

メルセデスのモデルとして初めて100%リサイクルスチールを使用している点も特徴だ。

全長は、EQSよりも270mm短い4946mm、ホイールベースはEクラスよりも80mm長い3120mmとなっている。CLSと同程度のサイズであり、トランクリッドはハッチ型となっている。

EVならではのインテリア

EQEは、従来のEクラスとの差別化を図るため、EQSと同様のインテリアデザインを採用し、幅1410mmの「ハイパースクリーン」をオプションで用意している。ダッシュボードの幅いっぱいに配置されたこの高解像度スクリーンは、車載システムMBUXの主要機能を操作しやすいよう設計されている。

また、助手席には12.3インチの有機ELディスプレイが設置されており、欧州では「ダイナミック・コンテンツ」を表示すると自動的に輝度が下がり、ドライバーの気を散らさないようになっている。

新型メルセデス・ベンツEQE
新型メルセデス・ベンツEQE    メルセデス・ベンツ

システムの無線アップデートに対応し、燃焼エンジンのサウンドを再現するモードや、若いドライバー向けに特別に開発されたドライビングモード、ビデオゲーム、ヘッドライトなど、発売後もさまざまな機能を強化することが可能だ。

また、フラットフロアのEQEにはトランスミッション・トンネルがなく、代わりにフローティングタイプのセンターコンソールが採用されている。ドアパネルにも同様のコンソールが備わり、シートやドアの操作を行うことができる。

メルセデスは、EQEの静粛性について、「このクラスで最も優れた車両の1つ」と主張している。風切り音や駆動音を低減するために、さまざまな空洞を発泡コーティングで満たしているほか、ドアハンドル、ミラー、窓には特注の高品質シールを使用している。Aピラーの根元には、ノイズを低減し、空気の流れを良くするトリムエレメントがある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×