【新車か中古車か】VW ID.3vsジャガーIペイス いまや価格は同等に 保証付き中古車が狙い目

公開 : 2021.09.18 21:05

ローンやリースの切れ目を迎えるIペイスは、中古車市場の活性化が期待されます。認定中古車なら保証も安心。新車で同価格帯のEVはフォルクスワーゲンID.3の最上位機種がありますが、価格の割に満足度はイマイチでした。

プレミアムEVが手頃な価格に

執筆:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
撮影:Max Edleston(マックス・エドレストン)

中古車探しで最高なのは、高嶺の花だと思っていたクルマが、まるで誘いかけるように手の届きそうなところへ現れたとき、もしくは夢物語のようなクルマを、自分の足にできそうな可能性が生まれたときだ。もちろんそういうことはいつでも、自動車市場のあらゆるところで起きている。だからこそ、たまらなく惹かれるのだ。

しかし今、おそらくなによりも大きな意味を持つのは、そうしたことが電動ファミリーカーで起きているという事実である。数年前に、EVがどれほど実用的で、使いやすく、バーサタイルで、商品力があり、ほかにはない所有する価値があることをはじめて証明したようなクルマたちが、手の届くところまで降りてきたのだ。

プレミアムブランドのEVも、3年待てば大衆車ブランドのベーシックモデルと同じような予算で手に入るようになる。となれば、買うべきははたしてどちらか。
プレミアムブランドのEVも、3年待てば大衆車ブランドのベーシックモデルと同じような予算で手に入るようになる。となれば、買うべきははたしてどちらか。    Max Edleston

ここで取り上げるクルマが属するグループは、それほど大きなものではない。メルセデス・ベンツEQCは2年落ちで、安くても5万ポンド(約700万円)近い。アウディEトロンも似たようなもので、近い年式だと4万5000ポンド(約630万円)を切るものも見つかる。

テスラなら、5年以上前のモデルSが4万ポンド(約560万円)以下で手に入る。モデルXの中古車が5万ポンド(約700万円)を下回るのも時間の問題だ。

しかし、ジャガーIペイスなら、競合するドイツ勢に1年ほど先駆けて2018年に発売されたので、中古車市場における重要な一線をひと足早く越えようとしている。最初期モデルは、ライフサイクルで大きな意味を持つ3年のひと区切りを迎えるのである。

それにより、リースやローンの期限がこの数ヶ月のうちにやってくるので、中古車市場に出回るタマ数の増加が見込まれるのだ。この秋は、中古車広告をじっくりチェックしてほしい。きっと4万ポンドを切るIペイスが見つかるはずだ。いったん出はじめれば、そのあたりの価格が一般的になるだろう。

そうなると、新車との比較もおもしろいことになってくる。ややサイズとクラスを下げれば、中古のIペイスと同じような金額で手に入る候補が見つかるからだ。そこで、今回の比較テストをセッティングしたという次第である。

2021年現在、4万ポンドの予算で手に入るファミリーユース向きのEVを探すなら、フォルクスワーゲンID.3のトップグレード、プロSツアーが候補に入る。装備内容が充実し、ウォルフスブルクのラインナップ中でもっとも大容量のバッテリーと最強のモーターを積むそれはベストチョイスなのか。

もしくは、パフォーマンスも実用性も、ブランド力も上回る、3年落ちのIペイスを選んだほうが幸せなのか。それとも、まだ前例の少ない中古車のEVを買うのは、新車よりも成功の見込みが薄い賭けとなるのだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲン ID.3の人気画像

×