メルセデス・ベンツ・コンセプト・クーペSUV

公開 : 2014.04.21 05:00  更新 : 2017.06.01 02:13

メルセデス・ベンツは、北京モーターショーで、コンセプト・クーペSUVを発表した。このコンセプト・クーペSUVは、コードネームC292で開発されているもので、2015年のデビュー時にはMLCとネーミングされると予想されているモデルだ。その生産は、MLと一緒にアメリカで行われる。

MLCはBMW X6に対抗するモデルであり、MLとMLCの関係性は、BMW X5とX6の関係に似る。ベースとなるのはMクラスだ。しかし、そのボディ・パネルは一切Mクラスと共用しない。そのアグレッシブなデザインは、5ドア・ボディでありながら、大きく傾いたルーフを持つもの。メルセデスは、このコンセプト・クーペSUVが現実的なプレビューであるとしている。

ボディ・サイズは、全長4935mm、全幅2044mm、全高1739mm。このサイズは、第1世代のBMW M6よりも58mm長く、61mm広く、49mm高い。ホイールベースは、Mクラスの2916mmのまま。トレッドはフロントが28mm、リアが103mmほどMクラスよりも広い。

エンジンは、今年後半にデビューするMクラスにもセットされる3.0ℓV6ツインターボが、このコンセプト・クーペSUVには搭載されている。そのパワーは333ps/5500rpm、トルクは48.9kg-m/1400-4000rpmだ。これはBMW X6 xDrive35iに搭載される直列6気筒3.0ℓターボ・ユニットよりも23ps、8.2kg-m大きい。トランスミッションは9速Gトロニックが組み合わせられる。

また、MLCには、コンフォート、スリッピー、スポーツ、スポーツ・プラス、インディビデュアルの5つのドライブ・モードを持つダイナミック・セレクト・コントロールが装備される。これは、スロットル、ステアリング、ダンピングなどがアジャストできるものだ。

また、ボディ・ロールを抑えるためのエア・スプリングと、新しいアクティブ・カーブ・システムが採用される。

このMLCは、Cクラス、GLKクラス、Mクラス、そしてGLクラスと同様に、アメリカのタスカルーサ工場で生産が行われる予定だ。

▶北京モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事