【サーキット指向のポニーカー 】フォード・マスタング・マッハ1へ試乗 460psのNA V8

公開 : 2021.10.24 08:25

一般道でのマナーの良さに感心

V8エンジンは、速度域に関わらず騒々しい。アイドリング状態でも周囲を威嚇するような迫力があり、レッドライン目掛けて回転数を高めれば、轟音を周辺に撒き散らす。

変速はレブマッチ機能で滑らか。不要なブリッピングもない。シフトノブの動きには、素晴らしく正確な感触がある。

フォード・マスタング・マッハ1(英国仕様)
フォードマスタング・マッハ1(英国仕様)

ターボチャージャーで過給されるエンジンのような、低回転域からのトルクはない。だが加速は線形的でたくましい。アクセルペダルの操作に対し、完全に一致した勢いを生んでくれる。

V8エンジンとマスタングという組み合わせは、多くの人にとって魅力的なもののはず。マッハ1でも、それは変わらない。

さらに感心させられたのが、一般道でのマナーの良さ。チューニングの洗練度を確かめるのに、ギリギリまで攻め込む必要はない。最も快適なモードを選んでいれば、アダプティブ・サスペンションは英国の殆どの路面を上手にいなしてくれる。

高速道路との相性もバッチリ。リラックスしたクルージングに浸っていられる。

スポーティなモードへ変更すれば、郊外の路面の悪さをつぶさに感じ取ることができる。舗装したての道を積極的に走れるような状況でない限り、切り替える必要はないだろう。

活発に走らせれば、そのぶん燃費は著しく悪化する。サーキット走行を楽しんだ後にガソリンを満タンにし直したら、走行可能な距離は133kmと表示されていた。

NA V8エンジンを楽しめる最後のフォードか

インテリアは、マスタングGTと大きな違いはない。アルミニウムの内装トリムが追加され、ビリヤード・ボールのようなシフトノブが与えられる程度。メーターパネルはモニター式だが、昔ながらのアナログメーター風グラフィックを上手に融合させている。

ダッシュボードには実際に押せるハードスイッチが沢山並び、シンク3で動くインフォテインメント用タッチモニターのサイズは小ぶり。グラフィックもベーシックだ。観察してみると、硬質なプラスティックが多く用いられていることもわかる。

フォード・マスタング・マッハ1(英国仕様)
フォード・マスタング・マッハ1(英国仕様)

車内は広々としており、大人4名での移動が可能な空間がある。荷室容量も充分。だが、英国価格5万ポンド(760万円)以上のスポーツカーに期待する通りのインテリアとは、いえないかもしれない。

各所にチューニングが施されたマスタング・マッハ1。サーキットを走らなくても、一般道でその進化ぶりは体感できる。マッスルカーとしての魅力が損なわれてもいない。

フォードはPHEVと純EVの販売で、モデル平均でのCO2排出量を減らしている。それでも、自然吸気のV8エンジンを楽しめる最後のモデとなる可能性は高い。新車で購入できるNA V8のスポーツカーは、既に希少だ。

誘惑されたのなら、今のうちに入手しておくべきだろう。通常のマスタングGTより約1万1000ポンド(167万円)高いマスタング・マッハ1を購入したのなら、時々はサーキットを走らせて、マッスルカーの真価を発揮させて欲しい。

フォード・マスタング・マッハ1(英国仕様)のスペック

英国価格:5万5255ポンド(839万円)
全長:4784mm
全幅:1916mm
全高:1381mm
最高速度:267km/h
0-100km/h加速:4.8秒
燃費:8.1km/L
CO2排出量:284g/km
車両重量:1754kg
パワートレイン:V型8気筒5038cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:460ps/7250rpm
最大トルク:53.8kg-m/4900rpm
ギアボックス:6速マニュアル

記事に関わった人々

  • 執筆

    トム・モーガン・フリーランダー

    Tom Morgan-Freelander

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォード マスタングの人気画像