ホームビルド・スポーツカー 後編 バックラーにオースチン、トルネード ほか

公開 : 2021.11.20 07:06  更新 : 2022.08.08 07:21

トルネード・テンペスト(オーナー:デイブ・マリンズ)

トルネード・カーズ社は、大胆なデザインのFRPボディにラダーフレーム・シャシーを組み合わせたスペシャル・モデルを販売していた。

複数のモデルが作られており、タイフーンは1172ccエンジンを載せたモデル。このテンペストはフォード105E用のエンジンが前提で、フロント・サスペンションにはウイッシュボーンとコイルが組まれていた。リア側もリジッドアクスルながらコイルだ。

トルネード・テンペスト(オーナー:デイブ・マリンズ)
トルネード・テンペスト(オーナー:デイブ・マリンズ)

サンダーボルトも同様な構成だが、エンジンはトライアンフTR3用。完成させれば、レースで優れた成績を残すことができた。

市場の変化に合わせ、トルネード・カーズは1962年にフルキット・モデルとしてグランドツアラーのタリスマンを発売。上級モデルへシフトしている。1964年に倒産するまで、180台程が工場から出荷された。

トルネード・カーズに詳しいオーナーのデイブ・マリンズ氏によれば、テンペストのキットは15台分しか売れていないという。そのうち残存は4台のみ。1台は、スペインの博物館にあるそうだ。

多くのスペシャル・モデルと同様に、このテンペストも多難な人生を歩んできた。最初のオーナーは身長が高く、独特なファストバックボディへ改造。その後、エスコート用エンジンを載せてホットロッドとして走っていたという。

デイブが購入したのは1980年。リビルドに10年ほどを費やしている。エンジンはフォードの105Eへ戻したが、ファストバック風のボディは新車時の改造として残している。

彼によれば、現在の交通環境でも乗りやすいとのこと。これまでの30年の間に、約6万5000kmを走っている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    サイモン・テイラー

    Simon Taylor

    英国編集部ライター
  • 撮影

    ジェームズ・マン

    James Mann

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

ホームビルド・スポーツカーの前後関係

前後関係をもっとみる

おすすめ記事