メルセデス・ベンツMLC、2015年の発売に向けてテスト中

公開 : 2014.05.08 21:30  更新 : 2017.06.01 02:13

メルセデス・ベンツはBMW X6のライバルとしてMLCを開発中だ。そのスタイリングは、北京モーターショーでコンセプト・クーペSUVとして公開されたモデルである。プロダクション・モデルの生産は来年、2015年の後半になる予定だ。

前回初スクープした時よりもカモフラージュは薄くなってはいるものの、また多くがカバーされている。コンセプト・クーペSUVと比べると、より大きなフロント・グリルとエンブレムが取り付けられているのは窺い知れる。MLCは実用的なMクラスとは異なり、今年の後半に登場するBMW X6と同様に、よりスタイリングを重視し、ラグジュアリーなモデルを望む層に訴えかけることとなる。

Sクラス・クーペからの影響が見られるレール・エンドのデザインは、よりスリムなテールランプとラウンドしたリア・スクリーンが特徴。サイズは、コンセプト・クーペSUVの全長4935mm、全幅2014mm、全高1739mmから大きく変わることはなさそうだ。それはX6よりもより長く、より広く、そして高い。

エンジンは、3,0ℓのツインターボV6ダイレクト・インジェクションで、パワーは333ps、トルクは48.9kg-mと、新しいX6よりも強力になるはずだ。トランスミッションは9速マニュアル。ブレーキ・エネルギー回生装置と、アイドリング・ストップ、そして4Maticが組み合わせられる。また、5つのドライビング・モードを持つダイナミック・セレクト・コントロールも装備される。

インテリアには最新のコマンド・インフォテーメント・システムが装備され、ラグジュアリーな作りとなっている。新しいCクラスやVクラス同様にセンターコンソールのマウントされたタッチ・センサー・パッドを持つ。

生産は、Cクラス、GLKクラス、Mクラス,GLクラスと同様にアラバマ工場で生産が行われる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事