ポルシェ・マカン 2.0へ試乗 4気筒EA888型で264ps エントリーでも不足なし

公開 : 2021.11.14 08:25

マカンとして不満を感じない動的能力

2.0L 4気筒ターボは爽快なダッシュ力を披露してくれるが、想像以上、と感じるほどではないだろう。またこのマカンでは、エンジンノイズも小さめ。エグゾーストノートも、回転数を高めなければ静かなままだ。

ツインターボV6エンジンを搭載するマカンほどの個性は感じられないし、低回転域での頼もしさもそれなりではある。だとしても、エンジンは6750rpmに設定されたレッドラインまで意欲的に吹け上がり、不満のない速度を与えてくれる。

ポルシェ・マカン 2.0(英国仕様)
ポルシェ・マカン 2.0(英国仕様)

トランスミッションは、7速デュアルクラッチAT。変速時の精度や素早さは、上級のマカンと変わらない。

ステアリングの感触も、適度な重みと正確な反応でマカンGTSに通じる。試乗車には、オプションで速度感応式となるパワーステアリング・プラスが追加されていた。その影響もあるだろう。

タイヤはミシュラン・ラティチュード・スポーツ3。グリップ力は高く、4気筒ターボのパワーは、ドライな路面でタイヤを打ち負かすほどではない。コーナーで攻め込んでいくとアンダーステアへ転じ、徐々にグリップが抜けていくような感覚だった。

四輪駆動システムがリアタイヤへトルクを伝達していると実感するのは、摩擦の低い場所や濡れたアスファルトなどに限られる。とはいえ、SとGTSを上位に据えるマカンのエントリーグレードとして、不満は感じられないと思う。

強気な値段を納得させるドライビング体験

264psの最高出力や、バックカメラでさえオプションという標準装備の設定を考えれば、強気な値段のエントリーグレードであることは確か。だが、マカンのソリッドなドライビング体験は、それなりの価格を納得させるには充分ともいえる。

登場から7年が経つポルシェ・マカンだが、ドライビング体験は素晴らしい。動的能力という点で、ライバルを凌駕しているということにも変わりはない。

ポルシェ・マカン 2.0(英国仕様)
ポルシェ・マカン 2.0(英国仕様)

ポルシェ・マカン2.0(英国仕様)のスペック

価格:5万7777ポンド(895万円)
全長:4726mm
全幅:1922mm
全高:1621mm
最高速度:231km/h
0-100km/h加速:6.4秒
燃費:9.3-9.9km/L
CO2排出量:243-228g/km
車両重量:1845kg
パワートレイン:直列4気筒1984ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:264ps/5050rpm
最大トルク:40.7kg-m/1800rpm
ギアボックス:7速デュアルクラッチ・オートマティック

記事に関わった人々

  • 執筆

    マイク・ダフ

    Mike Duff

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事