メガーヌR.S 275トロフィーを限定発売

公開 : 2014.05.15 22:40  更新 : 2017.06.01 02:12

ルノーは、メガーヌ・ルノースポールに275トロフィーと名づけられた限定モデルを追加販売する。6月に英国で行われるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでデビューする予定で、カップ・シャシーとリミテッド・スリップ・デフを標準装備するモデルだ。

また、エンジン・パワーもアルカポビック・パフォーマンス・タイタニウム・エグゾースト・システムを装備することによって、標準的な265psから10psアップの275psとなっている。トルクは36.8kg-m、燃費は13.3km/ℓ、CO2排出量は174g/kmだ。

この275トロフィーで、ルノーはニュルブルクリンクでのFF最速タイムを勝ち取ろうとしている。現行の最速タイムは、セアト・レオンの持つ7分58秒4だ。ルノーのアンダー8プロジェクトと名付けられたこのプロジェクト計画は、フォルクスワーゲン・グループの手からFF最速の名を奪い返すのが目標である。

275トロフィーは、エンジンのパワー・アップの他にも、アジャスタブルなオーリン・ショック・アブソーバー、強化したスプリングや、ハイ・パフォーマンスのミシュラン・タイヤが与えられる。また、ボディには専用のグラフィックが与えられ、ホイールも専用の19インチとなる。

インテリアでは本革とアルカンタラのコンビネーション・トリム、ステッチの入ったレカロのバケットシート、新しい形状のギア・ノブなどが与えれる。

このモデルは、来年デビューが予定されている新しいメガーヌの前のファイナル・エディションとも言えるモデルで、ファースト・デリバリーは10月からを予定している。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事