マツダMX-30セルフエンパワーメント・ドライビング・ビークル発売 詳細は?

公開 : 2021.12.10 06:45

マツダは、手動運転装置付きの「MX-30セルフエンパワーメント・ドライビング・ビークル」の予約受注を開始しました。

手動運転とペダルによる運転を選択可

マツダは、手動運転装置付きの「MX-30セルフエンパワーメント・ドライビング・ビークル」(以下、MX-30 SeDV)の予約受注を2021年12月9日より開始。なお、発売は2022年1月以降を予定。

購入の際は、オフィシャルウェブサイトを通じて、専門知識を備えたスタッフがオンライン上にて、相談や要望を受け付け、ユーザーの体にあわせた装備を提案する。

マツダMX-30セルフエンパワーメント・ドライビング・ビークル
マツダMX-30セルフエンパワーメント・ドライビング・ビークル    マツダ

MX-30 SeDVは、MX-30のコンセプト「わたしらしく生きる」をもとに開発されたという。

MX-30 SeDVでは、運転システムに手動運転装置を搭載し、手動運転とペダルによる運転操作の選択を簡単におこなうことができ、足の不自由な方が運転したり、友人や家族と運転を交代しながらドライブを楽しむことができる。

運転システムは、手で直感的に加減速をおこなう「アクセルリング」と、「レバーブレーキ」を採用。

加速時は、運転しやすく、素早く慣れることができるよう、操作意図に応じた滑らかな挙動の実現を目指した。

減速時は、力を発揮しやすい軌道にレバーを配置するとともに、ブレーキサポートボードを支点に、肘から先での細かなブレーキ操作を実現。

また、車いす利用者の運転席への乗り移りをスムーズにする「移乗ボード」も用意した。

これらの装備はMX-30(EVモデルを含む)の全機種に取り付けが可能で、価格(取付け費込み)は、52万8000円。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

マツダ MX-30の人気画像