ヴォクゾール・アストラVXR

公開 : 2012.06.13 18:30  更新 : 2017.05.29 18:29

■どんなクルマ?

276bhpを発揮するエンジンを搭載した史上最も強力なFWDホットハッチ、ヴォクゾール・アストラVXRが復活した。このボディ・スタイルを何と呼ぶかは自由だが、ルノーメガーヌ同様ヴォクゾールはアストラ3ドアをクーペと呼んでいて、フォルクスワーゲン・シロッコRを最大のライバルと見なしている。

とにもかくにも、この新しいVXRはフロント・ホイール・ドライブ・モデルの究極であり、厳選されたメカニカルなハードウェアによってそのパフォーマンスは支えられている。それは、2.0リッターのターボチャージド・エンジン、メカニカル・リミテッド・スリップ・ディファレンシャル、トルクステアを抑えるヴォグゾール・ハイパー・ストラット・フロント・サス、電気アシストよりも感触を重視したために採用された油圧アシストのパワー・ステアリングなどだ。

価格は27,000ポンド(334万円)弱からという価格も妥当なところだ。

以前のアストラVXRは、ロータスの手によってシャシー開発が進められたが、今度のアストラは、DTMチャンピオンでありニュルブルクリンク24時間のウィナーであるフォルカー・ストレイチェクが率いるオペル・チームの手によって開発された。実際、そのテストの多くはニュルブルクリンクで行われた。

それが良いことだったのかどうかは、実際にステアリングを握ってみてからの評価だ。

■どんな感じ?

インテリアはアストラGTCと大きく代わることはない。ソリッドなフィーリングだが、特別派手でもなくスペシャルな感じもしない。赤いバックライト付きの計器が唯一このモデルが他とは違うということを示している。シートはホールド感に優れ、ドライビング・ポジションも良好だ。

疑うことなくアストラVXRは速いクルマである。ヴォクゾールは、VXRを現時点で最もクイックなアクセラレーションを持ったモデルだと信じている。0-100km/h加速は6秒を切り、しかも、40.8kg-mという巨大なトルクは、2450rpmから5000rpmという広範囲で発揮される。

通常のドライビング・フィールは、ドイツ車からの影響が強いようだ。ステアリングは明らかに適度な重さと安定感を持つ。アウトバーンを長時間にわたって楽にドライブすることが容易に想像できるセッティングだ。ほんの少しだけ低回転でのターボ・タイム・ラグが気になるが、それも3000rpmを超えれば気にならなくなり、気持ち良いほど熟達したパワー・フィールを与えてくれる。

VXRは3つのマグネトー・レオロジカル・ダンパー・セッティングを持つ。スタンダード・モードでの乗り心地は良い。スポーツ・セッティングでも同様だ。スポーツ・モードでは、ダンパーが僅かに固くなるが、スロットル・レスポンスは通常の状態だ。そして、VXRボタンは、更にサスペンションが固くなり、スロットル・レスポンスが鋭くなる。

この3つは、それぞれ大きな差違があって、それぞれがそれぞれに有効なセッティングだ。オペル/ヴォクゾールは、その差違をつけることによほどの注意を払ったのだろう。

VXRに鞭を与えスピードを上げていくと、そのサウンドは驚異的に大きくなる。唸り音と吸気音と、奇怪な有無を言わさぬハイピッチの口笛にも似た回転音がドライバーを包む。

その速さは否定することができない。ライバル全車を置き去りにしたとしても、決して驚きに値しないほどのパフォーマンスを持っている。

ステアリングはクイックで、スムーズにコーナーを捕らえることが可能だ。ロールは小さく、そこから素早い立ち上がりを見せる。しかし、ステアリングは特別饒舌なわけでもない。また、シャシーはそのスロットル・ポジションに敏感に反応するタイプのセッティングではない。

とはいうものの、コーナーを1つ、2つ素早く抜けた時点で、ルノースポーツ・メガーヌ・カップ・シャシーほどは鋭さはないものの、ドライバーとマシンの信頼関係が非常に良く保たれているクルマということが理解できるはずだ。

急激なスロットル・レスポンスをもたらすVXRモードでは、アクセルを上手く操ってタック・インを利用してコーナーを抜けることもできる。しかも、どんな場合でも、その方向はフロント・エンド・アクスルによって決められる。

そのスロットルによる調整力と、噛合、そして中立性のいてはシロッコRやメガーヌよりも上であった。

■「買い」か?

アストラVXRを選択することは間違いではない。以前のモデルに較べても、本当に中身の詰まった遥かに完成したクルマといえる。そのすべてをまるでレースカーの方法で解決してしまっているような若干マニアックなところが感じられるものの、総じて申し分なく速く、ナチュラルなフィーリングを持っている。腕自慢のドライバーにはそれも嬉しいところだ。

(マット・プライヤー)

ヴォクゾール・アストラVXR

価格 NA
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 5.9秒
燃費 12.4km/l
Co2排出量 189g/km
乾燥重量 1362kg
エンジン 4気筒2000ccターボ・ガソリン
最高出力 276bhp/5500rpm
最大トルク 40.8kg-m/2450rpm-5000rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記
×