ゴルフの好敵手 プジョー308 ピュアテック130 GTへ試乗 昨年発売のベストな1台

公開 : 2022.03.08 08:25

モデルチェンジした308。2021年登場のモデルのなかで特に運転を楽しめる1台だと、英国編集部は高く評価します。

内燃エンジン版では最もパワフルな130 GT

新世代へ生まれ変わったプジョー308。2021年発売の期待の1台として、英国上陸ホヤホヤのクルマへ試乗する機会を得た。AUTOCARのカー・オブ・ザ・イヤー候補にも選ばれているほど、既に評価は高い。

新しいプジョー308には内燃エンジン版のほかに、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)と、純EV版のe-308も用意される。今回試乗したピュアテック130 GTは、電動化技術の載らない308としては、最もパワフルな仕様になる。

プジョー308 ピュアテック130 GT(英国仕様)
プジョー308 ピュアテック130 GT(英国仕様)

動力源は130psを発揮する1.2L 3気筒ターボガソリンで、8速オートマティックが組み合わされる前輪駆動。CO2の排出量は、130g/kmがうたわれる。MTも一部の市場へは投入されるが、英国ではATのみとなる。おそらく日本でも。

プジョー308は、伝統に則ったコンパクトなファミリー・ハッチバックだ。近年はクロスオーバーの支持が高いものの、まだ充分訴求力のあるカテゴリーに属するといえる。

より優れた実用性を求めるなら、ボディが伸ばされたステーションワゴンの308 SWも控えている。全長はハッチバックで4367mmだが、SWでは4636mmになる。英国では、どちらも2022年4月からディーラーの店頭へ並ぶ予定だという。

今回のピュアテック130 GTの場合、英国価格は2万4365ポンド(約377万円)から。GTグレードは3段階用意されるトリムグレードの真ん中で、2万9285ポンド(約453万円)に設定された。

運転しやすく好印象なインテリア

筆者は、新しい308のインテリアが気に入っている。モデルで共通して、ダッシュボード中央には大きな10.0インチのタッチモニターが据えられる。オーディオ用には、実際に押したり回せるハードスイッチ類が残された。

上位グレードに用意されるショートカットキーは、ドライバー好みで登録項目を変更できる点も良い。タッチモニターのメニュー構成も変更できるが、変えすぎるとややこしくなりそうだ。

プジョー308 ピュアテック130 GT(英国仕様)
プジョー308 ピュアテック130 GT(英国仕様)

車線維持支援システムやメーターパネルの明るさを操作できるボタンが、ダッシュボードにあれば一層良い。エアコン用のハードスイッチも追加されれば、運転中に視線をそらす時間も短くて済む。より快適なインテリアになるだろう。

内装素材の質感は高く、間接照明の雰囲気も素敵で、小物入れも多く用意されている。リアシート側は、平均的な広さといえる。

プジョーがiコクピットと呼ぶ、ドライビングポジションも良好。一部の人の好みには合わないかもしれないが、コンセプトも悪くはない。

ステアリングホイールを低い位置へチルトさせれば、メーターパネルが見やすくなり、うまく機能する。3D効果を与えたモニター式のメーターパネルも、新鮮味があって悪くない。スピードメーターの視認性を高めるように、表示の変更も可能だ。

マルチファンクション・ステアリングホイールには、ハードボタンが並んでいる。フォルクスワーゲンなどのタッチセンサー式とは異なり、操舵中に誤って軽く触れても、必要のない操作を加えてしまうことがない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事

 

プジョーの人気画像