アヴェンタドール後継 ランボルギーニの旗艦PHEV、テスト車両発見 V12エンジン搭載

公開 : 2022.03.11 18:25

ランボルギーニのフラッグシップモデルとなる新型スーパーカーを発見。V12のPHEVを採用する計画です。

V12エンジン×PHEVシステム

ランボルギーニは、アヴェンタドールに続く過激なハイブリッドスーパーカーを開発している。新しいスパイショットにより、今年末に予定されている公開に先立ち、その姿を初めて見ることができた。

この新型車は、ランボルギーニ初のプラグインハイブリッド(PHEV)として電動化の流れを作り、その登場から数年後にウラカンウルスが後に続く。2020年代後半には完全EVの2+2が導入される計画だ。

ランボルギーニの次期フラッグシップと思われるプロトタイプ
ランボルギーニの次期フラッグシップと思われるプロトタイプ    AUTOCAR

アヴェンタドールは昨年10月、最終記念モデルであるウルティマエ・エディションで生産に幕を閉じた。その後継モデルとして、今回の新型車が計画されているようだ。

重要なのは、電動パワートレインを採用する一方で、大排気量のV12エンジンを搭載するということだ。これは、スーパーカーのエモーショナルな価値を重視するステファン・ヴィンケルマンCEOの姿勢に沿ったものである。

ヴィンケルマンCEOは昨年、AUTOCARの取材に対し、12気筒エンジンには「多くの感情が込められている」と語っている。2011年にランボルギーニ社長就任の際にアヴェンタドールの発売に携わった彼は、そのことを特に意識しているようだ。

また、電動化がフラッグシップモデルのキャラクターや性能に悪影響を与えることはないと断言している。

「CO2排出量という点では重要な変化ですが、当社はこれがうまくいくと確信しています。アヴェンタドールに続くプラグインハイブリッド車はV12エンジンを搭載するため、サウンドと歴史は生き続けるのです」

電動化の重量増にどう対応する?

ヴィンケルマンCEOはまた、パワートレインの電動化によって避けられない重量増加を緩和するために、ステアリング、サスペンション、ブレーキ、エアロダイナミクスの再構成に取り組むと約束した。

新型スーパーカーはV12を使用するが、アヴェンタドールのユニットとは関係のない、まったく新しいエンジンになるという。V12エンジンは最新の排ガス規制に適合させる予定であるとヴィンケルマンCEOは語っているが、これは間違いなくコストのかかる作業である。しかし、そのコストをかける価値は十分にあると考えているようだ。

ランボルギーニの次期フラッグシップと思われるプロトタイプ
ランボルギーニの次期フラッグシップと思われるプロトタイプ    AUTOCAR

ちなみに、非電動のアヴェンタドール・ウルティマエの乾燥重量は1550kgで、構造的に近いハイブリッドのシアン(1645kg)と比べると、その差は歴然だ。しかし、シアンでは低出力のスーパーキャパシターを採用しているが、アヴェンタドール後継のPHEVシステムよりも大幅に軽いことは間違いない。

現段階では、このテスト用プロトタイプには厳重なカモフラージュが施されており、スタイリングの特徴やアヴェンタドールとの相違点は見えづらいが、新しいクワッドエグゾースト、ライトデザイン、エアインテークが確認できる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランボルギーニの人気画像