制約なしで開発された怪物 アストン マーティン・ヴァルキリーAMRプロ、サーキットデビュー

公開 : 2022.03.23 06:25

アストン マーティンが誇るハイパーカー、ヴァルキリーAMRプロがF1バーレーンGPで走りを披露しました。

サーキット限定のV12ハイパーカー

先週末のバーレーンGPで、アストン マーティン・ヴァルキリーAMRプロがバーレーン・インターナショナル・サーキットを2回走行し、ダイナミックなデビューを飾った。

サーキット限定ハイパーカーであるヴァルキリーAMRプロは、土曜日の予選に先立って1回目の走行を終え、日曜日の決勝レース前に再びサーキットを周回した。

アストン マーティン・ヴァルキリーAMRプロ
アストン マーティン・ヴァルキリーAMRプロ    アストン マーティン

コスワース開発の6.5L V12エンジンを搭載し、最高出力1014ps、最高回転数は1万1000rpmを誇る。最高速度は約360km/hに達するという。

サーキット走行のため、レースに適した専用のミシュランタイヤ、カーボンブレーキ、パースペックスウィンドウ、軽量化されたカーボンファイバー製サスペンションを装着している。

バーレーンでは、アストン マーティンの開発ドライバーであるダーク・ミュラーがハンドルを握った。彼は、F1マシンに近いパフォーマンスを発揮すると語っている。

「信じられない。みんながそう言うけど、確かにこのクルマは別格だよ。今まで乗ったどのクルマよりも、性能的にはF1マシンに近い。パワー、ハンドリング、グリップ、すべてが完璧だ」

レーシングドライバーも驚く性能

ヴァルキリーAMRプロは、わずか40台が生産され、すべて左ハンドルとなる予定だ。現在、すでに納車が始まっている。

アストン マーティンのトビアス・ムアーズCEOは、このクルマが最高のパフォーマンス・エンジニアリングを象徴していると語る。

アストン マーティン・ヴァルキリーAMRプロ
アストン マーティン・ヴァルキリーAMRプロ    アストン マーティン

「当社のテストドライバーは皆、非常に成功しているレーシングドライバーですが、このクルマには畏敬の念を抱いています。その理由は簡単に理解できます」

「ヴァルキリーAMRプロはF1の性能レベルに近づいており、我々はこれまでで最も過激なアストン マーティンを非常に誇りに思っています」

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アストン マーティンの人気画像