新型BMW 7シリーズ「ザ・ファースト・エディション」先行発売 EVの「i7」も 日本

公開 : 2022.04.21 17:25  更新 : 2022.04.21 18:13

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、新型7シリーズ「ザ・ファースト・エディション」の先行販売の受付を開始しました。

先行発売 150台限定

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、2022年第4四半期に日本国内において正式発表を予定している新型BMW 7シリーズの初期生産限定モデル「THE FIRST EDITION(ザ・ファースト・エディション)」の先行販売の受付をBMWオンライン・ストアにおいて、2022年4月21日より開始。

納車は、2022年第4四半期以降を予定しているという。

BMW i7
BMW i7    BMW

今回発表の「ザ・ファースト・エディション」は、新型車の初期生産モデルとしてBMW 740iエクセレンス、BMW 740i Mスポーツ、電気自動車BMW i7 xドライブ60エクセレンスの3モデルをベースに、それぞれ50台、計150台限定で販売される。

「ザ・ファースト・エディション」は、量産車世界初となる31.3インチの8Kパノラマ・ディスプレイを含むリアシートエンターテイメント・エクスペリエンスに加え、アンプ出力1965W、40スピーカー、32チャンネルのハイスペックを誇るBowers&Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステムを特別に装備し、従来の車内エンターテイメントの期待値を大幅に超えるラグジュアリーなシアター体験を提供する。

ボディカラー、インテリアカラーは、要望の多いミネラルホワイト、およびブラックサファイアに、高品質なブラックのメリノ・レザーシートとの組み合わせを中心とする。

BMW 740iエクセレンスには、オキサイドグレーに新型モデルより採用されるスモークホワイトのメリノ・レザーにライトグレーのカシミアとのコンビネーションシートを採用する。

BMW i7 xドライブ60エクセレンスには、新型モデルより採用されるコーチラインを施したタンザナイトブルーとオキサイドグレーとの鮮やかな2トーン塗装に、タルトゥーフォとナイトブルーのバイカラー仕様のメリノ・レザーシートを採用した仕様をそれぞれ5台ずつ設定。

「ザ・ファースト・エディション」の価格(税込)は、BMW 740iエクセレンスが1720万円、BMW 740i Mスポーツが同じく1720万円。電気自動車BMW i7 xドライブ60エクセレンスが1900万円。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像