新型ルノー・セニック 電動SUVとして2024年復活決定 大胆コンセプト公開

公開 : 2022.05.20 06:25

今年生産を終了したルノーのミニバン「セニック」が、2024年にEVとして発売されるとのこと。そのコンセプトが公開されています。

新型セニック、2024年発売へ

ルノーは、2024年に新型電動SUVとして「セニック」を発売する予定だ。今回、水素と電気のパワートレインを搭載したコンセプトカーが公開されている。

セニックの名は、1991年から2022年まで製造されたミニバンに使用されてきた。EVとして生まれ変わる新型セニックは、メガーヌEテック・エレクトリックの上に位置するSUVとなる。

ルノー・セニック・ビジョン・コンセプト。ボディカラーに使われている「黒」は従来の塗料とは異なり、航空産業から排出されたカーボンに由来するという。
ルノー・セニック・ビジョン・コンセプト。ボディカラーに使われている「黒」は従来の塗料とは異なり、航空産業から排出されたカーボンに由来するという。

従来のバッテリー駆動パワートレインを搭載して発売されるが、今回のセニック・ビジョン・コンセプトの水素・電気パワートレインは、ルノーの「より広いビジョン」を反映したものだ。同社は、水素は2030年以降に小型商用車での使用がより一般的になると見込んでいる。

ミニバンからSUVへ

セニック・ビジョン・コンセプトの車体寸法は、全長4490mm、全幅1900mm、全高1590mmと、メガーヌEテック・エレクトリックより一回り大きい。歴代セニックとは異なり、ミニバンではなくSUVの形態をとっている。

ルノーは、このコンセプトを「サステナブルでモダンなデザイン」とし、「環境」「安全」「包括」の3点を中心としたサステナビリティの取り組みを紹介している。

ルノー・セニック・ビジョン・コンセプト
ルノー・セニック・ビジョン・コンセプト

ラップアラウンド型ライトバーとスリムなLEDヘッドライトは、メガーヌEテック・エレクトリックとも似ているが、全体的に角張ったキャラクターとなっている。フロントグリルの代わりに、ルノーのダイヤモンドエンブレムをモチーフにしたフラッシュパネルが採用されているが、これが市販化されるかどうかは不明だ。

リアドアは電動かつタッチセンサー式で、Bピラーもないため、乗降性が高いとされている。しかし、これらが市販モデルに採用されることはないだろう。

ルノーのデザイン責任者であるジル・ヴィダルは、2024年の発売に向けてエクステリアデザインは進化するが、90%の準備が整っていると述べた。

水素と電気のハイブリッドシステム

セニック・ビジョン・コンセプトのパワートレインは、メガーヌEテック・エレクトリックと同じ電気モーター(218ps)に小型バッテリー(40kWh)の組み合わせだが、走行中の充電用に15kWの水素燃料電池を床下搭載しているのが革新的な点である。

ルノーは、2030年には水素補給ネットワークが整備され、一度の充填で800km走行が可能になり、補給も5分間で完了すると予測している。

ルノー・セニック・ビジョン・コンセプト
ルノー・セニック・ビジョン・コンセプト

ルノー・グループは、水素電気自動車向けの新しいプラットフォームを開発している。現在はプロトタイプの段階にあるが、バッテリー、モーター、燃料電池、水素タンクを搭載できるように設計されている。

ジル・ヴィダルは、セニック・ビジョン・コンセプトの開発にあたり、EV向けのCMF-Bプラットフォームの使用も検討されたが、最終的にはパッケージングの最適化のために実験用プラットフォームが採用されたと説明している。

ただし、2024年発売の市販モデルには、メガーヌEテック・エレクトリックと同じCMF-EVプラットフォームが採用される予定だ。水素電気自動車用プラットフォームが市販車に導入されるのは2030年以降になりそうだという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ルノーの人気画像