ベントレー、半期の売上新記録を達成

公開 : 2014.07.10 22:30  更新 : 2017.06.01 02:12

ベントレーは2014年度上半期の売上において、95年に渡る歴史の中で最高となる新記録を達成した。

2013年の同期に較べ25%の売上アップで、販売台数も4,279台から5,254台と23%アップした。

その要因はコンティネンタルGT V8Sクーペおよびコンバーチブルの発売と、新しいフライング・スパー、フライング・スパーV8が市場に出回ったことによる。

アメリカでは2013年の1,282台から8%増加した1,388台、中国では1,318台と61%の増加だ。ヨーロッパ市場でも主にドイツでの好調を反映して11%の上昇。英国でも2%アップとなった。

ベントレーのセールス・マーケティング・アフターエール・チーフであるケビン・ローズは、「われわれのクルマがラグジュアリー・マーケットで受け入れられていることを示してる。しかし、この市場は顧客の目も高く、タフな市場でもある。ただし、このまま2014年が好調であると確信している。」とコメントしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事