限定10台 屋根なしボディにV12搭載 アストン マーティン、新型DBR22発表

公開 : 2022.08.16 18:05  更新 : 2022.08.20 14:17

アストン マーティンは、オーダーメイド部門「Q」の設立10周年を記念し、少量生産のスピードスターを発表しました。V12エンジンで最高出力715ps、最高速度318lkm/hを実現します。

V12搭載の少量生産モデル

アストン マーティンが新型スポーツカーのDBR22を発表した。1950年代に活躍したレーシングカーへのオマージュとして、同社のオーダーメイド部門である「Q by Aston Martin」の設立10周年を記念して開発された。

DBR22の実車は米カリフォルニア州で開催される自動車イベント、モントレー・カー・ウィークで初公開される。ヴァルカン、ヴァンテージV600、ヴィクターなどの少量生産ないしワンオフ車に続く限定モデルとなる。

アストン マーティンDBR22
アストン マーティンDBR22    アストン マーティン

予定される生産台数は、アストン マーティンのQ部門設立10周年にちなんで10台のみ。価格は1台あたり約150万ポンド(約2億4000万円)とされている。

Q部門は、こうした希少車の開発だけでなく、アストン マーティンの量産車のカスタマイズやパーソナライズも手掛けてきた。

デザインとしては、1959年のル・マンで優勝したDBR1やDB3Sから影響を受けたレトロな雰囲気が特徴的。アストンの量産車とは異なる、独自のスタイリングを採っている。

ルーフレスのスピードスターではあるが、リアデッキのエアロダイナミクスを高めるツインナセル、カーボンファイバーのブレードが付いたフロントグリル、14本スポークの特注22インチセンターロックホイール、ラップアラウンド型テールライトなど、昨年発売されたV12スピードスターとは容易に見分けがつけられる仕様となっている。

最高出力715ps レーシーなコックピット

搭載されるパワートレインは、V12スピードスターと同じ5.2L V12ツインターボ。最高出力715psと最大トルク76.7kg-mを発生するようにチューニングされており、このパワーとトルクは独自のキャリブレーションを施した8速ATを経由してリアアクスルに送られる。結果、0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は318km/hとなる。

アストン マーティンは、「ドライバーとこのエンジンの間にあるのはスリップストリームだけで、強烈な感覚を呼び起こします」と述べている。

アストン マーティンDBR22
アストン マーティンDBR22    アストン マーティン

インテリアも特注のデザインだ。2つのデジタルディスプレイを備えたダッシュボード、カーボンファイバー製バケットシート(素材と色のバリエーションが豊富)のほか、カーボンファイバーをふんだんに使用したレーシーなレイアウトとなった。

アストン マーティンによると、DBR22は「素っ気ないレーサー」ではなく、「公道でもサーキットでも運転するのが楽しい」モデルであるという。

また、DBR22に見られるデザイン要素は、今後の量産車にも導入される可能性があるとのこと。同社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるマレク・ライヒマンは、DBR22について次のように語っている。

「DBR22は、スピード、敏捷性、スピリットに満ちた熱血、純血のアストン マーティン・スポーツカーであり、将来のアイコンの基礎となるマシンだと考えています」

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アストン マーティンの人気画像