アストン マーティン・ヴァルハラ 内装の全貌が明らかに 最高出力950psのハイブリッド・スーパーカー

公開 : 2022.08.26 18:45

アストン マーティンは、同社初のPHEVとなる新型スーパーカー「ヴァルハラ」のインテリアの詳細を公開しました。

アストン マーティン初のPHEV

アストン マーティンの新型スーパーカー、ヴァルハラのインテリアの詳細が公開された。ハイブリッドV8を搭載したミドエンジン車で、フェラーリSF90ストラダーレなどのライバルと期待されている。

アストン マーティン初のプラグインハイブリッド(PHEV)を採用し、「ブランドの新たな定義を示すもの」と表現されている。また、同社の新戦略「プロジェクト・ホライズン」の重要な一角を担うモデルでもある。

アストン マーティン・ヴァルハラ
アストン マーティン・ヴァルハラ    アストン マーティン

この計画では、2024年までに「10台以上」のモデルを投入。その中にはヴァルハラ、ヴァンキッシュ、そしてV12エンジンを搭載したハイパーカーのヴァルキリーなどが含まれている。

ヴァルハラは、2019年にジュネーブ・モーターショーでRB-003コンセプトが公開されてから2年間かけて製品化された。アストン マーティンのF1チームも開発に大きな影響を与えたと言われている。

AMG製のV8エンジンをミドマウント

当初は自社開発の3.0L V6エンジンを搭載する予定だったが、最終的にメルセデスAMGの4.0L V8を採用することになった。ツインターボ付きでキャビン後方に積まれ、ユニット単体で最高出力750psを発生。新開発の8速DCTを介して後輪を駆動するレイアウトである。

AMGのGTブラックシリーズと同様に、ヴァルハラのV8はフラットプレーン・クランクを採用しており、「アストン マーティンに搭載された中で最も先進的で、レスポンスに優れ、最高のパフォーマンスを発揮するV8エンジン」と言われている。また、軽量エグゾーストシステムは調整可能フラップを備えており、「真のサウンド」を実現しているという。

アストン マーティン・ヴァルハラ
アストン マーティン・ヴァルハラ    アストン マーティン

注目すべきは、リアアクスルに1基、フロントに1基、合計204psの電気モーターを導入したことだ。これにより、ハイブリッドV8エンジンは総出力950psを発揮する。アストン マーティンは、0-100km/h加速2.5秒、最高速度350km/h、そしてニュルブルクリンクのラップタイムで6分30秒を達成できると見込んでいる。

フロントの電気モーターのみを使用するEVモードも実装。電気だけで約130km/hまで加速可能だが、通常の走行では、必要に応じて前後アクスルにパワーを分配してV8の出力を補う。また、電子制御式LSDを装備し、トラクションと敏捷性を向上させている。

空力重視のスタイリング

このパワートレインを収めるのは、特注のカーボンファイバー製シャシーで、「最小限の重量ペナルティで最大限の剛性を実現」しているという。アストン マーティンは、目標乾燥重量を1550kgとし、「同クラスのライバルと比較しても、類を見ないパワーウェイトレシオ」を実現すると述べている。

また、大型のベンチュリートンネル、可動式のフロントスプリッターやリアウイングなど、エアロダイナミクスを向上させるボディワークにより、240km/h走行時で600kgのダウンフォースを発生させることができるという。

アストン マーティン・ヴァルハラ
アストン マーティン・ヴァルハラ    アストン マーティン

サスペンションは、フロントにプッシュロッド式、リアにマルチリンク式を採用し、ダンパーとスプリングをインボードに配置することでバネ下重量を軽減。トラックモードでは大きく車高を下げ、低速走行時には車高を上げて段差などに対応する。

エクステリアではエアロダイナミクスを重視。ヴァルキリーのようなアグレッシブさを抑え、すっきりとしたスタイリングとなっている。

ルーフ上のエアスクープ、ディヘドラルドア、丸みを帯びたリアデッキ、ワンピースのリアウイングはそのままに、フロント、リア、サイドのデザインを一新。ヴァルキリーとは系統の異なるスーパーカーとなっている。

フロントエンドにはアストン マーティンの特徴的なグリルを配置。リアディフューザーも刺激的なものだが、コンセプトモデルから大幅にトーンダウンして市販車らしい姿に。ホイールは、フロント20インチ、リア21インチで、ミシュランのパイロット・スポーツ・カップが装着されている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事