ドアなし窓なしの軽量バギー 個性的なルーマニア発コンセプト 「マニフェスト」公開

公開 : 2022.09.16 18:45

ルーマニアの自動車メーカー、ダチアは軽量オフロードコンセプト「マニフェスト」を公開。今後の市販車に導入される斬新なアイデアや機能を盛り込んだショーケースとなっています。

斬新アイデア満載 オフロードコンセプト

ルーマニアの自動車メーカーであるダチアは、新しいオフロードコンセプト「マニフェスト」を公開した。将来の市販モデルに導入したいと考えている一連の新機能を紹介するものだ。

マニフェスト・コンセプトは、2シーターのオフロードバギーで、このコンセプト自体が市販化される予定はない。ダチアというブランドが今後どのように進化していくかを示す意思表示であり、最新技術のショーケースでもある。それゆえ、マニフェスト(宣言、公約の意)の名称が与えられた。

ダチア・マニフェスト・コンセプト
ダチア・マニフェスト・コンセプト    AUTOCAR

ダチアのデザイン・ディレクター、デヴィッド・デュランは、この新しいコンセプトを「自然に溶け込む超小型オープンエア・ビークル」と表現している。

手頃な価格のブランドとして欧州で親しまれてきたダチアは、「シンプルで手頃な価格から、より魅力的で望ましい、人々に選ばれるクルマ。しかし、なくてはならないもの」という方向性に舵を切ろうとしている。

マニフェストは、アウトドアやアクティブなライフスタイルを楽しむ人々の間で高まっているダチアへの期待に応えるものでもある。窓やドア、フロントガラスさえもなく、四輪駆動、大径ホイールとタイヤ、高められた車高、「過酷な地形にも耐えるボディ」によって、優れたオフロード性能を発揮するという。

ダチアが市販に向けて積極的に取り組んでいることの1つが、空気を使わないエアレスタイヤだ。マニフェストが履いている850mmのタイヤはパンクに強く、非常に長く使えるよう設計されているとのこと。

車内は完全防水で、汚れたらホースで洗い流すことが可能。また、シートカバーは取り外しが可能で、取り外した後は寝袋として使用できるというギミックも。

複雑なインフォテインメント・システムや大型ディスプレイなどは搭載されておらず、乗員のスマートフォンをナビなどに使用する。これも、ダチアの「Bring-Your-Own-Device(個人所有デバイスの持ち込み)」アプローチによるものだ。

興味深い機能として、次世代モデルに導入予定の「ユークリップ(YouClip)」なるものがある。これは、カップホルダーからスマートフォンのマウントまで、あらゆるアクセサリーを収納することができる、ユニバーサルなマウントポイントだ。デザイン・チーフのロマン・ゴーヴァンによれば、いずれはカップホルダーの代わりになる可能性もあるとのこと。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マーク・ティショー

    Mark Tisshaw

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像