ヒュンダイi20がベールを脱ぐ

公開 : 2014.08.12 22:10  更新 : 2021.03.05 21:39

10月のパリ・モーターショーで登場する予定の第2世代のヒュンダイi20が、一足先に公開された。

このBセグメントのハッチバックは、2015年からの発売を予定しており、ボディは3ドアと5ドア、そしてエンジンはガソリンとディーゼルの両方が用意されることとなっている。但し、3ドアは5ドアよりも遅れて追加される予定だ。

価格はまだ確定していないが、3ドアが£10,500(180万円)から、5ドアが£11,000(189万円)からとなろう。

スタイリングは一新され、インテリア・スペースも改善されている。デザインは、ヒュンダイの “Fluidic Sculpture 2.0” に沿って形成されており、特徴的な六角形のフロント・グリルなどが採用されている。

インテリアはまだ公開されていないが、品質が改良されているのが特徴だという。

プラットフォームは前モデルよりも45mm長いホイールベースで、大人5人に充分なスペースをもたらしているという。また、ブートスペースも326ℓを確保しているという。

オプションとしては、パノラミック・サンルーフや、リアビュー・カメラなどが装着される。

エンジンは、現行のi20と変わりなく、84psの1.2ℓガソリン、90psの1.4ℓディーゼルがメイン。ギアボックスは5速マニュアルで、100psの1.4ℓガソリンにのみ4速オートマティックが用意される。

また、i10から移植される3気筒ガソリン・エンジンもラインナップに加えられることだろう。

ヒュンダイは、フォード・フィエスタやフォルクスワーゲン・ポロをベンチマークとして想定しているようだが、実際には市場でのライバルは、ヴォグゾール・コルサ、トヨタ・ヤリス、そしてキア・リオとなるだろう。

関連ニュース

▶ 海外ニュース / ヒュンダイi20の公式スケッチ公開
▶ 海外初試乗 / トヨタ・ヤリス1.33 VVT-i アイコン
▶ 海外ニュース / 第5世代のヴォグゾール・コルサ、デビュー

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事