これが次世代のミニ 新型EV「エースマン」試作車発見 2024年発売予定の電動クロスオーバー

公開 : 2022.10.05 06:05

2024年末に発売予定の新型EV、ミニ・エースマンのプロトタイプが目撃されました。現行のクロスオーバーに匹敵するサイズですが、印象を大きく変える次世代デザインが採用されています。

2024年発売の次世代EV

ミニは、新型EVエースマン(Aceman)の開発を進めているが、そのプロトタイプと思われる車両が目撃された。2024年末にコンパクト・クロスオーバーとして発売予定である。

プラットフォームには、BMWと中国のパートナー企業である長城汽車が共同開発している「スポットライト」を採用する。

次期ミニ・エースマンのプロトタイプ
次期ミニ・エースマンのプロトタイプ    AUTOCAR

現行のカントリーマン(日本名:クロスオーバー)に近いサイズとなるが、カントリーマンは3代目となる次世代モデルでさらに大型化する見通しだ。エースマンの正確なサイズはまだ明らかにされていないが、今年初めに公開されたコンセプトモデルは、全長4050mm、全幅1990mm、全高1590mmとされている。

パワートレインの詳細も不明だが、同じスポットライト・プラットフォームを採用する次世代の3ドア・ハッチバックは、約40kWhのバッテリーを搭載したクーパー(最高出力184ps)と、50kWhのバッテリーを搭載したクーパーS(最高出力224ps)があり、航続距離は約400kmとなる予定。エースマンの市販モデルも、これとほぼ同様のものになると思われる。

丸みのあるすっきりとしたデザイン

今回発見されたプロトタイプでは、先鋭的なコンセプトモデルから市販化に向けて進化したデザインが確認できる。また、ミニの新たなデザイン言語を示す手がかりにもなっている。

特に注目すべきは、航続距離に影響するエアロダイナミクスであり、プロトタイプは丸みのあるすっきりとしたフロントエンドを採用している。その他、特徴的な大型ヘッドライトを除いて、デザインのディテールはカモフラージュで隠されている。

次期ミニ・エースマンのプロトタイプ
次期ミニ・エースマンのプロトタイプ    AUTOCAR

コンセプトモデルに見られるように、ミニはサステナビリティにも重点を置いている。車内外からクロームパーツやレザーを排除し、ワンスクリーンのセンターディスプレイでほとんどの主要機能をコントロールできるようになる。テキスタイルやレザーレットで覆われたダッシュボードには、物理的なボタン類がほとんどない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ミニの人気画像