プジョー 3008と5008にハイブリッドモデル導入 全車種の電動オプション完成

公開 : 2022.10.06 18:05

プジョーのクロスオーバー、3008と5008に来年ハイブリッド仕様が導入されます。これにより全モデルに電動パワートレインが用意されることになり、2030年の完全EV化に向けた布石となります。

5008にもハイブリッド初導入

プジョーは来年、欧州向けの3008と5008に新しいハイブリッド仕様を導入すると発表した。これにより、プジョーの全ラインナップに電動パワートレインが揃うことになる。

両モデルには、最高出力136psのガソリンエンジン、新しい電動デュアルクラッチ・トランスミッション、48Vバッテリーが搭載される。プジョーによると、燃費を従来より15%改善しつつ、トルクを向上させることができるという。ただし、電気のみでの走行可能距離は1km以下に制限される。

プジョー3008と5008に来年ハイブリッドが導入される。
プジョー3008と5008に来年ハイブリッドが導入される。    プジョー

プジョー最大のモデルである5008は、これまで電動パワートレインが設定されていなかった。3008を含む他のすべてのモデルには、すでにハイブリッド、プラグインハイブリッド、またはEV仕様が用意されている。

5008ハイブリッドの導入により、2023年前半までに全モデルに電動パワートレインを搭載するというかねてよりの目標が達成されることになる。また、プジョーは2030年以降はEVのみを販売する計画で、ハイブリッドモデルはその足がかりとなるものである。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

プジョー 3008の人気画像