スバル、新型WRX STI、S4を発売

2014.08.25

スバルは、新型WRX STIおよびWRX S4を発表した。スバルのロード・ゴーイング・レーシング・カーとして発表された新しいSTIの特徴は、ボディとシャシー性能を格段に高めたこと。従来型から引き継いだ308ps、43.0kg-mを発する2.0ℓ水平対向4気筒ターボ・エンジンには、強化6速M/Tとマルチ・モードDCCD(ドライバーズ・コントロール・センター・デフ)が組み合わされ、フトント・サスペンションにはSTI専用設計の倒立式サスペンションが採用されている。

会見に応じた高津益夫プロジェクト・ゼネラルマネージャーは、新しいWRXの走りについて、「クルマが自分の手足の延長になった感覚を味わって欲しい」と語り、それを実現するためにボディとシャシー性能を高め、ステアリング・レスポンス、リア・タイア・グリップ、フラット・ライドという3つのキー・エレメントを追求したと話した。

一方のS4は、快適、安全、環境性能を併せ持つスバルからの新提案というモデルで、WRXシリーズとして初めてEyeSight(ver.3)を採用している。300ps、40.8kg−mを発する新開発2.0ℓ水平対向4気筒直噴ターボDITエンジンを搭載し、トランスミッションはスポーツ・リニア・トロニックを装備する。

価格は、STIが3,790,800円から4,114,800円。S4が3,348,000円から3,564,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事