コンパクトな電動SUV 新型ジープ・アベンジャー 欧州価格は約580万円から

公開 : 2023.01.20 06:05

ジープ初のEVとなるアベンジャーが、今夏欧州で発売されます。価格は約580万円から。ラインナップ最小にして史上初の電動SUVであり、若いユーザーに向けた革新的なモデルとなっています。

若いユーザー向けの電動SUV

ジープ初のEVとなる新型「アベンジャー」が、今年の夏に欧州で発売される。英国価格は3万6500ポンド(約580万円)からとなる予定だ。

ジープ・アベンジャーは、ジープの中で最もコンパクトなモデルであり、日本にも導入される見込みだ。新しい顧客層の獲得を目指し、特に若い女性に焦点を当てている。正式な発売を前に、先日、欧州カー・オブ・ザ・イヤー2023を受賞した。

ジープ・アベンジャー
ジープ・アベンジャー    ジープ

54kWhのバッテリー(DS 3 Eテンスやオペルモッカ・エレクトリックと同じ)を搭載し、欧州WLTPサイクルでは最大400kmの航続距離を実現する。フロントアクスルの電気モーターで最高出力156ps、最大トルク26.5kg-mを発生させる。

100kWの急速充電では、24分間で20~80%の充電が可能とされる。

ジープはEVラインナップ拡大に力を入れており、アベンジャーに加えて大型SUVのワゴニアS、オフロードに特化したリーコン、そして未発表モデルの計4車種が導入される予定だ。

オフロード性能はレネゲード以上?

ジープの欧州部門を率いるアントネラ・ブルーノ氏は、アベンジャーは欧州の市場環境に適したサイズに作られていると述べた。オフロード性能においては、レネゲード4xeと「同等かそれ以上」であるという。

プラットフォームには、ステランティスの「ECMP」を採用した。同クラスのDS 3やオペル・モッカで使用されているもので、従来の内燃機関と電動パワートレインの両方に対応している。

ジープ・アベンジャー
ジープ・アベンジャー    ジープ

このプラットフォームにより、「魅力的」な最低地上高と、クラストップのブレークオーバーアングルおよびアプローチアングルが得られるという。また、大きなトランクとモダンなインテリアは、新しい顧客層を惹きつけるだろうとブルーノ氏は語っている。

インテリアには、10.25インチHDタッチスクリーン・インフォテインメント・システム、音声認識機能、アップル・カープレイ/アンドロイド・オートが搭載される予定。ボディカラーは、サン、グラファイト、ボルケーノの3色用意される。

生産は、ポーランドにあるステランティス・グループの工場で行われる。欧州、日本、韓国などで販売される予定だが、米国向けの発売は今のところアナウンスされていない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ジープの人気画像