英国の自動車・二輪車メーカーまとめ 前編 個性が強すぎる全106社を総ざらい

公開 : 2023.01.21 18:25

エレメンタル・カーズ

英国の小さなスポーツカーメーカーの多くがそうであるように、エレメンタル・カーズもまた、田舎の静かな一角にひっそりとたたずんでいる。ジョン・ベグリー氏率いる同社は、ハンプシャー州ハンブルドンを拠点に、最高出力320psのフォード製エンジンをミドマウントしたサーキット走行向けのRP1を製造している。最高速度265km/h、0-97km/h加速2.6秒を達成するという。

フォード製エンジンは車体中央に縦置きに搭載され、ヒューランド製トランスミッションと組み合わされている点が特徴的だ。7万5000ポンド(約1180万円)という価格にも納得がいくし、一般道やサーキットで見かけることも稀である。

エレメンタル・カーズ
エレメンタル・カーズ

ガードナー・ダグラス

ガードナー・ダグラスは、ACコブラのレプリカキットを製造している数社のうちの1社で、特徴は、ラダーフレームではなくバックボーンシャシーを使用していることである。これにより、優れた剛性とハンドリングを実現するとともにボディーの取り外しが容易となり、足回りの整備がしやすくなっている。

ガードナー・ダグラスでは、コブラをテーマにした350というモデルも生産している。ローラT70の見事なレプリカであるGD T70モデルもあり、コブラと同様、大排気量V8エンジンを使用してセンセーショナルなパフォーマンスを発揮している。ノッティンガムシャー州を拠点に、1990年からアンディ・バローズ氏によって運営されている同社は、そのクオリティの高さで好評を得ている。

ガードナー・ダグラス
ガードナー・ダグラス

GBS

ケータハム・セブンのような軽量2シーター・スポーツカーを設計したら、もう満足してしまうかもしれないが、GBS(グレート・ブリティッシュ・スポーツカーズ)は歩みを止めなかった。ノッティンガム州オラートンのGBSは、第2世代のキット「Zero」を開発し、マツダMX-5をベースとしたシングルドナー・モデルも販売している。

自宅で製作可能なキットパッケージに加えて、完成車も手掛ける。レース仕様もあり、パーソナライズの幅は広い。2007年の発売以来、GBSのZeroは500台以上販売されている。

GBS
GBS

ギブス

ギブスは1994年以来、水陸両用スポーツカーのアクアダを「世界初の高速両生類」と呼んで販売している。ヘッドライトは2代目マツダMX-5からの流用。このほか、さまざまなラインナップを展開する。

海洋救助や会場でのメンテナンス作業などに実用的なハムディンガとフィビアンというモデルも生産している。ハムディンガはマーキュリーV8を搭載、フィビアンはターボディーゼルV8を2基搭載し、最大15人乗りが可能だ。

ギブス
ギブス

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事