ポルシェ・カイエンSディーゼル

公開 : 2014.09.13 23:50  更新 : 2017.05.29 19:04

■どんなクルマ?

フェイスリフトが施された2014年版のポルシェ・カイエンをいち早くテストすることにする。

このモデル・イヤーからは、ベースグレードとしてV6ターボ・ディーゼルとV6ターボ・ガソリン、その上にV8ツインターボ・ディーゼル、V8ツインターボ・ガソリンが肩を並べる。更に1ヶ月後にはV6ガソリン・ハイブリッドが加わることになっている。

最新のモデルはどれも、さらにパワフルに、さらに速くなっているが、過去12年の間に販売された歴代のどのカイエンよりも経済的なのだとポルシェは言う。今回はカイエンSディーゼルをテストをしたが、ポルシェの宣言に対して否定する余地は全くなかった。

ボンネットの下に収まる4.2ℓのV8ターボ・ディーゼルは385psを発生し、ため息の出るほど力強い86.5kg-mを紡ぎだす。静止状態からの加速はロケットそのもの。記憶だけがその場に置いてけぼりになるようなスタートを見せてくれる。

オプションでスポーツ・クロノ・パッケージを選択し、パドルシフト付きの8速ATをスポーツ・プラス・モードにセットした状態での0-100km/hタイムは5.3秒。さらに驚くことに160km/hまではわずか12.8秒で辿り着くという。2002年に華々しいデビューを飾った初代カイエン・ターボよりも速いというのだから、われわれは驚くどころか、ただただ唖然とするしかなかった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事