マツダ、CX-5の年間生産能力を増強

2012.07.03

マツダは、CX-5の生産を宇品第2工場に加えて、2013年3月から宇品第1工場でも行うことで、年間生産能力を20万台から24万台に増強すると発表した。これを受けて、グローバル年間目標販売台数を16万台から、今期については19万台に引き上げていくという。

CX-5の日本国内での受注台数は、約24,000台(7月1日現在)と、発売から4.5カ月で年間目標販売台数の2倍を超え、引き続き好調な売れ行きを記録している。海外市場においても、ロシアでの受注台数は10,000台超で年間目標販売台数12,000台に迫る勢いとなるなど好調だ。

山内孝代表取締役会長社長兼CEOは、「CX-5が発売以来、世界中のお客様に高く評価いただいていることに感謝申し上げます。同車の年間生産能力の増強によって、納車をお待ちいただいているお客様に、一日でも早くお届けできるよう、引き続き努めてまいります。また今回の増強によって、宇品第1工場の車両組立ラインでも、新世代商品群の量産を可能にするフレキシブルな生産体制が整うことになり、マツダが目指すクルマ造りが着々と実現していることと確信しています」とコメントしている。

関連テーマ

 
最新国内ニュース