キア・リオ、ヴェンガがマイナーチェンジ

公開 : 2014.09.30 22:10  更新 : 2021.03.05 21:37

キアはパリ・モーターショーでハッチバック・モデル、リオと、コンパクトMPV、ヴェンガのマイナーチェンジ・モデルを公開する。

リオは2013年度、キアで最も売れたモデルだが、今回のマイナーチェンジで、前後のパンパー、フォグランプが変更になり、最新のキアのタイガー・ノーズも採用された。また、ホイールは3つの新しいデザインが採用されている。

インテリアでは、クロームのアクセントが加えられ、センターコンソールがリデザインされている。また、7.0インチのインフォテーメント・システムも採用されている。

エンジンは、75psの1.1ℓのCRDIから110psの1.4ℓガソリンまでが用意される。価格は現行の£9,495(169万円)よりも若干高くなるだろう。

また、このマイナーチェンジと同時に、ヴェンガも、フロント・エンドが新しくなり、インテリアもセンターコンソールのリデザインを受けた。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事