フォード・フィエスタ vs ミニ・クーパー vs セアト・イビーサFR

公開 : 2014.10.02 23:40  更新 : 2017.05.29 19:33

まずこのページを読む前に、上の写真をご覧になっていただきたい。今回のテストは、速く、小さく、賢く、安いクルマを選ぶために行うのだけれど、だとしたら、生粋のホットハッチと言わないまでも(この章ではウォームハッチと呼ぼう)、ミニより優れるB-セグメント車がもう1台居てもおかしくないはずだ。

そう、スズキ・スイフト・スポーツのことである。去年本誌で取り上げ、他のライバルよりも高いスコアを得たこのクルマのことを、決して忘れていたわけではない。敢えて選ばなかったのだ。

もしかすると厳しいぞ、という読者もいらっしゃるかもしれないが、筆者としては公平を期する判断のつもりだ。もちろんスイフトは魅力的な一台であることに議論の余地はない。特に車両価格はスイフトの長所として未だに競争力をもつ。しかしである。あれよあれよという間にライバルたちが、スイフトのそれを上回る魅力を引っ提げて市場に姿を現し始めたのである。

オールド・チャンピオンのエンジンは自然吸気の1.6ℓ4気筒。最高出力は136psを発生する。クルマ好きとしてはまずまずのコンビネーションだ。しかし、より小さなターボ・エンジンを積んだ最新のライバル達だってこれくらいの出力(トルクなんてもっと大きい)を発生する上、燃費は更に良いことを考えれば、スイフトはやや古臭いクルマとも言えるのだ。

フォード・フィエスタの中でももっともパワフルなモデルでさえエンジンは3気筒の1ℓ。ゼテックSグレードの派生モデルである、新しいレッド(あるいはブラック)エディションは、140psを発生し、複合サイクル燃費は22.2km/ℓ、CO2排出量は104g/kmとなっている。42ℓのガソリン・タンクを満タンにすれば933kmを走りぬくことができる上に、英国の年間の道路税は£20(3,600円)で済む。

どれもスイフトには不可能な数値だ。だけれどもBMWとセアトならばフィエスタと渡り合える。標準のミニ・クーパーも同様にBMW i8に使用する3気筒エンジンを採用した。排気量は1.5ℓ、最高出力は136ps、複合サイクル燃費はフィエスタと同じ22.2km/ℓ、CO2排出量も105g/kmまで抑えられている。

セアト・イビーサFRエディションには、今モデルからフォルクスワーゲン製の140psを発生する1.4ℓ TSI ACTエンジンが組み合わされることになった。ACTとは気筒休止システムを意味する。これでも、他の2台より劣勢なのだけれど、それでもスイフトよりは38g/kmと5.7km/ℓ優れると言う結果が出ている。

したがって、今回の3台はどれも経済的で、安価に、地球を汚さずして走ることができる。スイフトだけがランニングコストで遅れを取る結果となったのだ。もちろん ’運転して楽しいクルマコンテスト’ ならば、肩を並べるに足るのは言うまでもないけれど、そこに環境性能を加えてこそ、お役に立てる試乗記事になると言うわけなのだ。

ぜひともスズキには、次回のテストでは今回の3台と真向勝負ができるクルマを制作してほしいと思う。

本テストではグラベルを走らせた。いきなり主観的な感想で申し訳ないけれど、現行のミニは先代の整ったプロポーションと比べると、やや癖があるように思える。グリル、テール・ランプ、(このモデルの場合は)アロイ・ホイールなど、どれをとってもやや押し出し感が強すぎやしないだろうか。まぁそもそもミニというクルマは最初から好き嫌いが別れるクルマだけに、好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、という結論でもいいのだろうけれど。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事