2014-2015COTY、マツダ・デミオが受賞

2014.10.13

2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考結果が発表となり、マツダ・デミオが栄冠を手にした。受賞理由は、「常識を打ち破るデザインとクオリティ、テクノロジーをリーズナブルな価格で実現したこと。低燃費技術を追求するなかで小型クリーンディーゼルを採用する一方、MTモデルをリリースするなどクルマの愉しさを再認識させた。日本から世界に向けてアピールできる実力のコンパクトーカーである」というもの。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーは、メルセデス・ベンツCクラス・セダン。イノベーション部門賞はBMW i3。スモールモビリティ部門賞はホンダN-WGN/N-WGNカスタム。また、特別賞として「トヨタの燃料電池車への取り組み」が表彰されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事