ボルボS60 T5 Rデザイン

公開 : 2014.03.26 19:18  更新 : 2017.05.29 19:08

S60のEPS、道路上をフツーに運転している範囲においては、前のと同じ油圧アシストのパワステではないことに困ることはない。運転しやすさへの悪影響があって減点要素、というほどのことは別に。というか、駐車場からノソノソのときだって別に困らない。困らないけれど、気にして運転していれば違うとわかる。知らずに運転して降りるまで、あるいは降りたあとも一切なにも気がつかないままの人だって、きっとたくさんいる。いわれなければ。

フロントまわりの車体やアシまわりや操舵系の剛性関係のデキのよしあし(個々のパートや全体としての振動特性?)を容赦なく暴き出してしまうみたいなところがEPSにはあって、そういうことでいうならやはりS60はちゃんとしている。骨太。EPSつきのバージョンに乗って、あらためてそう感じた。今回は運転しなかったけれど、きっとV60も相応にイイに違いない。いままでの経験からして。

でも、操舵感をものすごくテッテー的に重視する人にはT5、というかボルボの新世代パワートレインのクルマのなかではXC60がオススメかもしれない。アタリマエではあるけれど、パワートレインも新しいので。新しいぶん確実に魅力がアップしているので。あるいは他方、油圧パワステご指名でかつS60かV60がご指名の場合は、あえてパワートレインがオールニューになる前のT4やT6(AWD)が。それと、ヨンク関係。オールニューT6のボルボがそのうち日本へ導入されるとして(されるでしょう)、それらが最初からフツーの(というのはつまり、もっぱらエンジンによって4輪が駆動されるタイプの)4WDであるかどうか。

細かい話になってしまってすいません。でも正直、それぐらいしか書くこと、ないんです。なかったんです。オールニューのパワートレインを体験したのが今回初だったら、それは「オオ!!」でしたけど。

(文・森 慶太 写真・花村英典)

ボルボS60 T5 Rデザイン

価格 489.0万円(消費税5%込)
0-100km/h 6.3秒
最高速度 230km/h
燃費 16.7km/ℓ
CO₂排出量 139g/km
車両重量 1600kg
エンジン形式 直4DOHCターボ, 1968cc
エンジン配置 フロント横置き
駆動方式 前輪駆動
最高出力 245ps/5500rpm
最大最大トルク 35.7kg-m/1500-4800rpm
馬力荷重比 153ps/t
比出力 124ps/ℓ
圧縮比 10.8:1
変速機 8段A/T
全長 4635mm
全幅 1865mm
全高 1480mm
ホイールベース 2775mm
燃料タンク容量 67ℓ
荷室容量 339ℓ
サスペンション (前)マクファーソン・ストラット
(後)マルチリンク
ブレーキ (前)φ336mm Vディスク
(後)φ302mm ディスク
タイヤ 235/40R18

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×