最強ケイマン現る ポルシェ718ケイマンGT4 RS試乗 日常域も「強烈」

公開 : 2023.08.07 17:45

GT4 RS 不世出の「本当の」理由とは

後日ターンパイクで味わったGT4 RSも万能感に溢れ印象が良かった。アシの硬さはお世辞抜きに硬いわけだが、それでもPDKのおかげでレーシングカーを公道で走らせる時のギクシャクした感じはなかった。流すようなペースでも充分に浸れるクルマなのである。

ところが富士ショートに行って本領を発揮させようとすると、クルマが想定しているスピードに達しない感じで物足りない印象に終わった。ニュルで7分4秒台を標榜する一線級のポルシェともなれば、やはり富士本コースを走ってナンボということなのだろう。

ニュルで7分4秒台を標榜する一線級のポルシェともなれば、やはり富士本コースを走ってナンボということなのだろう。
ニュルで7分4秒台を標榜する一線級のポルシェともなれば、やはり富士本コースを走ってナンボということなのだろう。

見た目と性能が見事にシンクロし、ドライバーの五感を痺れさせてくれるママシンと言っていい718ケイマンGT4 RS。だがポルシェの本当に凄さはスペックにあるのではない。

こんな超高性能をドライビングテクニックのレベルに関係なく幅広いドライバーに提供してくれる点にある。

実際にステアリングを切る前の段階でも、「コレ凄いわぁ!」と感動できること必至なくらいなのだから。

一方、富士ショートで感じたのはポルシェらしい憎らしいまでのスタビリティだった。「ここで曲げたい!」とこちらが思っても、クルマのスタビリティがそれを邪魔するような場面がけっこうあった。

然るべき速度で姿勢変化に柔軟なのは911 GT3の方だが、あちらはオンザエッジの難しさで、容易に遊ばせてもくれない。そこはRRとミドシップの差であり、半分プロ化したGT3レースとアマチュアのGT4レースの差のようにも感じられる。

ともあれGT4 RS。不世出の1台だと思うので、買える人は買った方がいいです。

ポルシェ718ケイマンGT4 RSのスペック

価格:1878万円
全長:4456mm
全幅:1822mm
全高:1267mm
最高巡航速度:315km/h
0-100km/h加速:3.4秒
燃費:-
CO2排出量:-
車両重量:1415kg
パワートレイン:4.0L水平対向6気筒
使用燃料:ガソリン
エンジン最高出力:500ps/8400rpm
エンジン最大トルク:45.9kg-m/6750rpm
ギアボックス:7速デュアルクラッチ

ポルシェ718ケイマンGT4 RS
ポルシェ718ケイマンGT4 RS

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    小川亮輔

    Ryosuke Ogawa

    1986年生まれ。幼少期から父親の影響でクルマに惹かれている。独身時の愛車はシボレー・コルベットC5 V8 5.7Lのミレニアムイエロー。現在はレンジローバーV8 5.0L(3rd最終型)に家族を乗せている。2022年、SNSを通してAUTOCAR編集部の上野太朗氏に発掘される。その2日後、自動車メディア初仕事となった。instagram:@ryskryskrysk

関連テーマ

おすすめ記事