ヴォグゾール・インシングニア・スポーツ・ツアラー

公開 : 2012.07.10 11:25  更新 : 2017.06.01 00:59

フェイスリフトされたサルーンとハッチバックと一緒に、ヴォグゾール・インシグニア・スポーツ・ツアラーは来年のジュネーブ・モーターショーでデビューする。

2013年モデルのヴォグゾール・インシグニア・スポーツ・ツアラーは、他のボディと同様、新しいディーゼル・エンジンを搭載し、リデザインされたフロント・エンドを特徴とする。

われわれのスクープ・フォトによれば、前後スピリッターを持ったフロント・バンパーは、スムーズなエアフローを持つ。LEDデイライト・ヘッドランプが装着されることになるが、現状ではついていないようだ。

リア・スタイルについては、何もわかっていない。しかし、そのカモフラージュからして、かなり大幅な変更がなされると予想される。

エンジンは、あまり大きな変更はないが、古くなった1.7リッター・ディーゼルに変わって、1.6リッターのターボ・ディーゼルが搭載される。このエンジンのCO2排出量は119g/kmになるという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ヴォグゾールの人気画像

×