ドライバーズカー選手権2014 / スポーツ・クーペ部門

公開 : 2014.11.07 23:57  更新 : 2017.05.29 19:50

こちらのページではスポーツ・クーペの対決を見ていくことにしよう。3台中2台は新しい技術で、残りの1台は非常にラディカルな手法で勝負に挑んだ。もちろん3台ともにエンスージアストのお気に入りになることはあらかじめ保証する。

BMW M4クーペは伝統的なフロント・エンジン・リア・ドライブ。3.0ℓのツインターボ直列6気筒は431psを発生する。ポルシェ・ケイマンGTSはミド・エンジン。自然吸気の3.4ℓフラット6は340psを発生する。

上記2台とまったく異なった手法を採るのはBMW i8。こちらは2機のエンジンを積む。そのうちの一つは231psの3気筒ターボでキャビンの後方に、もう一つの131psを発生する電気モーターはフロント・ホイールの間に設置される。いわゆるプラグ-イン・ハイブリッドだ。ボディはカーボンファイバー製、駆動方式は4WDとなる。

i8はハンドリングデーには初お目見えとなるが、先代のケイマンはカテゴリーをけん引するする存在だったし、先代のM3は完全勝利を果たしたことがある。したがってケイマンとM4には今回も勝利できるような遺伝子を受け継いでいる可能性が高い。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事