ボルボ・オーシャンレース・エディションV60/V70/XC60/XC70

公開 : 2012.12.18 18:56  更新 : 2017.05.29 19:09

V70も相変わらずだったけれど、XC60のFFと違ってこちらはバッチリ。リアル・ボルボ。中道保守本流ボルボ。こりゃラクだぁ〜。快適だあ〜。癒されながら走り続けたい。2012年モデルのDRIVeとの違い、ハッキリわかるのは車輪関係。こっちのほうが径がデカい。タイヤの幅も。でも乗って別にネガなし。どうしてもヨンクじゃなきゃダメ、でなければパサートALLTRACK(けっこうイイ)よりこっちのほうが……。

現行世代は今回が初めてのXC70。乗った感じは簡単にいうと、V70のもっとリッチなヤツ。上質なヤツ。同じ路線でさらに気持ちいいヤツ。V70が輸出されてない北米市場の人たちは「お可哀相に」といままで思っていた。でも、これが買えるんだったら問題なし。V70より高いけど、余計にカネ払ったぶんの見返りはちゃんと得られるわけね。そういう意味でベスト・ボルボ。ただのVじゃなくXCで、V6ツインターボで4WDまでついて、さらにオーシャンレース・エデイションで649万円。クルマのデキも考え合わせて、これはオトク。お値打ち。Eや5やA6のワゴンを考えてる人、こういうボルボはどうでしょう?

フと気がついたのは、トランスミッション。コイツのはトルコンA/T(6段)。デキよし。ほかの3台はDCT(6段)。DCT→トルコンA/Tで、ギャップ感まったくなし。タイプの違い等、意識させられることが全然。なーんとも思わずに乗っていた。ということは、2013年モデルでボルボのDCTのデキ(というか適合のツメ?)はさらによくなっているはず。

後日。実はこの4モデルのプレス試乗会、俺は二度いったのです。初日と三日めと。この原稿を書くためにいったのは初日のほう。後日談としては、まずV70。運転中にオドメーターをチェックしてアレ?! 「なんでこないだよりも距離少なくなってんだ?! 別の個体?」。というのは間違いで、実をいうと、てっきりXC70(なぜかコイツだけ距離が多めだった)に乗っているものと勘違い(笑)。それくらい、初日より(さらに)乗り心地の印象がヨカッタ。よくなっておりました。

それとXC60。こちらはさすがに別のナニかと間違えはしなかったけど、走行400kmが500kmになったのを乗ったらやはり。路面の凹凸のカーブどおりにモフモフ揺すられる症状は確実に改善されていた。といっても、まだたった500km。あと1000km、2000kmと伸びたらこれは……。これも大丈夫なボルボかもしれないなあ。

(文・森 慶太 写真・花村英典)

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事