特別企画

2016.12.12

冬タイヤに “衣替え” 済ませました? 東京の初雪速報

もっと雪深い地域でも問題なし

石畳でブレーキングを試みたのが上段の写真。この日、夏タイヤだったら落ち着いてフィエスタを運転できなかっただろう。
 
ウインターマックス02の氷上パフォーマンスを従来品と比較したデータ図。ブレーキングもコーナリングも向上している。次回の降雪地区レポートでも再びガッツポーズしてみたい。
 

昼過ぎには気温が上がって、シャーベット状の雪とウエットが入り交じった路面になったが、そこでは排水性の良さ、ゴムと路面の摩擦力の高さが印象的だった。路面温度が低い冬のウエット路面を下手な夏タイヤで走ると、スルスルと手応えもなく滑っていくこともあるが(とくに走り始めの冷間時)、ウインターマックス02はしっかりとした粘着力があって頼もしい。氷上性能も追求したゴムだから、こういった場面は得意中の得意なのだ。

ウインターマックス02は、冬タイヤとしてのパフォーマンスが長持ちしながら、夏タイヤとの違和感が少なく感じるタイヤであり、非降雪地帯ユーザーのニーズにも応えてくれる。以前にも報告した通り、たしかにドライ路面での快適性や操縦安定性は高い。その一方で、少なくとも雪上では最新のスタッドレスタイヤとして然るべき性能を発揮してくれることは確認できた。トレッドに雪が詰まってしまうような気配もなかったので、もっと雪深い状況でも問題ないだろう。

あとは氷上性能がどうか、だ。データ上はゴムの進化によって氷上性能も従来モデルを凌駕しているとのこと。今度は機会を見つけて、フィエスタで氷上を走ってみることにしよう。


外部リンクDUNLOP WINTER MAXX02製品ページ