MOMO 「ステアリング」と「ホイール」を、アートに高めたブランド

2017.06.28

MOMO アルミホイールの世界観

 
レーシングシーンでは’70年代に隆盛を極めたグループ5規定のシルエットフォーミュラレースで存在感を示し、’80年代に入るとブラバムのF1マシンにも装着され、1983年にはネルソン・ピケのドライバーズタイトル獲得にも貢献したのである。

イタリアンデザインというスペック

今日でもイタリアンデザインの伝統を重んじ、しかし前衛的な造形美を誇るMOMO製のアルミホイールは幅広いラインナップが揃っている。近年ではMOMO社の売り上げの実に3分の2がホイールによるものだと言えば、人気のほどが伺えるに違いない。

 
本格的なアルミホイールはバネ下重量を軽減し、優れたダイナミックバランスと剛性によって走りの質感を向上させる機能部品である。だがMOMOのアルミホイールはそれに付け加え、車両全体のスタイリングを際立たせ、大地に踏ん張る自らの存在をも主張する。

大量生産されたプロダクションカーは、MOMOのホイールによって足元の印象を引き締めることで一点モノとしての個性を獲得するのである。

 

人気記事