特別企画

2017.10.02

新型ジュリア、初代ジュリア、75 アルファ後輪駆動の血脈

新型ジュリアが、ドイツ勢を出し抜いてAUTOCAR Awards「Game Changers」賞をさらった。初代ジュリア、75の流れをくむリアドライブ・サルーンは、なぜわたし達を虜にするのか? 3台をたっぷり味わおう。

words:AUTOCAR UK/Tetsu Tokunaga [PR企画]

もくじ

ジュリア、AUTOCAR Awards受賞

初代ジュリア、アルファ ロメオ75 乗り比べ
メカニカル面に見る FRアルファの血
ジュリア・スーパー/75ツインスパーク 要はバランス
コーナーで知る 本物のアルファの味

新型ジュリア 欠点を挙げるなら?

ジュリア、AUTOCAR Awards受賞

セグメントのリーダーに躍り出る場合、突出した特徴を、ひとつかふたつは持っているものだ。しかし、ジュリアの場合は5つ、6つと挙げられる。



ジュリア・クアドリフォリオ(V6ターボFR、510ps、61.2kg-m) 価格:11,320,000円

 
20年以上の期間をおいて帰ってきた縦置きエンジンとリアドライブのプラットフォーム。これはアルファ ロメオの改革の中心的な存在でもある。セルジオ・マルキオンネは、ドイツ製Dセグメントのライバルたちを脅かせるようなモデルを生み出し、北米市場にインパクトを与えようと努力した。そのために幾度もの改良を重ね、スタイリングやシャシーのダイナミクス、パワートレインを磨いてきた。

その成果を最も明確に示すのが、ハイチューン版クアドリフォリオだ。元フェラーリのエンジニアであったフィリップ・クリーフが、軽量化を目的にカーボン素材を導入。アクティブエアロを取り入れたボディをまとい、アルミ製ボンネットの下には、こちらも元フェラーリのエンジニアを中心としたチームが開発したV6ツインターボが収まっている。



ジュリア・ヴェローチェ(直4ターボ4WD、280ps、40.8kg-m) 価格:5,970,000円

 



ジュリア・スーパー(直4ターボFR、200ps、33.7kg-m) 価格:5,430,000円
ジュリア(受注生産、直4ターボFR、200ps、33.7kg-m) 価格:4,460,000円

 
テストで使用したクルマは賞賛できる仕上がりで、とても好感が持てたし、アクセル全開では世間を驚かせるほどの加速も可能だ。このクアドリフォリオを頂点に、非常に価値のあるラインナップを揃えるジュリアの登場は、アルファ ロメオを競争力のあるブランドに押し上げることは間違いない。そしてこれが、マルキオンネによるマスタープランの序章に過ぎないことも確実だ。

「GIULIA スペシャルサイト(外部リンク)」はこちら

next page初代ジュリア、アルファ ロメオ75 乗り比べ