特別企画

2018.03.27

Audi R8とスノータイヤ 怖い? 楽しい? 雪を求めて北へ

編集部より

Audi R8スパイダー、いわゆるスーパーカーにウインタータイヤを組みあわせたら、楽しめるのでしょうか? Audi広報部より「乗ってみませんか?」とお誘いをいただいたライターの大音安弘が、フォトグラファーを連れ出して北を目指しました。

text:Yasuhiro Ohto(大音安弘) photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

もくじ

Audi R8で雪道へ
東北道を北上 オープンならではの魅力
雪路面にヒヤリ クワトロに救われる

Audi R8で雪道へ

今やスーパーカーでの雪上ドライブも、ハイパワーを制するためのAWD化やスノータイヤの進化もあり、夢ではなくなった。近年は、スーパーカーブランドも雪上テストの光景を、積極的に公開し、珍しいものではなくなった感がある。

しかし、実際にウィンターシーズンの公道ドライブに挑んでみる機会は、そうあるものではない。わたし自身、スーパーカーの公道での雪上ドライブには、多少ならず、リスキーなイメージを持っていたこともあるからだ。

そんな疑問を解消する絶好の機会を得た。Audi SportのフラッグシップであるR8スパイダーにスノータイヤを装着したので、ぜひ試してみないかという話が飛び込んできたのだ。

もう春も目の前に迫った今なら、ファーストインプレッションには最適だと都合のいい理由を導き出し、ふたつ返事でこのオファーを受けることにした。それが、このドライブの始まりである。

用意されたR8スパイダーは、雪とは対照的となる鮮やかなベガスイエロー。雪との組み合わせされば、実にユニークな絵を見せてくれそうだ。足元には、ピレリ製のスノータイヤ「Winter-sottozero-serie2」が装着。タイヤサイズは、ノーマル同様のフロント245/35ZR19、リア295/35ZR19と超ワイド。

スノータイヤらしい特徴的なブロックパターンを持つが、R8に装着してもスポイルしないデザインは好印象だ。もちろん、新型R8には、全車にAWDシステムのAudi quattroが標準搭載しており、この点も大きな頼りとなる。

いざ雪を求め、東北道を北上する。

next page東北道を北上 オープンならではの魅力

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ