特別企画

2018.04.02

アバルト595/124スパイダー 今こそMTが新鮮に感じる理由

text:Takuo Yoshida(吉田拓生) photo:Hidenori Hanamura(花村英典)[PR企画]

もくじ

いまなぜアバルト595なのか
「古典」を学びたいと思った
数字と離れた「体感」の世界

いまなぜアバルト595なのか

早朝、都心にあるお気に入りの周回コースをアバルト595で軽快に巡る。皇居と神宮外苑周辺を結ぶこのコースは、日の出前の空いている時間から道路状況が目まぐるしく変わり続けることが特徴で、同じ道を走っていても少しも飽きることがない。

500psを越えるようなクルマならストップ&ゴーばかりで退屈に感じてしまいそうな喧騒の中を、5速マニュアルのアバルト595は小気味よく駆け抜けることができる。入り組んだ交差点が作り出したタイトコーナーやタクシー相手のシグナルスタート、小粒なアバルトはそのすべての場面でスポーツドライビングが持つ本質的な愉しみを存分に感じさせてくれるのである。

21世紀に入りクルマの選択肢は劇的に増えている。特に輸入車は復活を遂げたブランドの躍進や、SUVにまで手を出したスポーツカー・メーカーが積極的にニューモデルをリリースするなど活況を呈している。以前は限られたラインナップの中から選ばなくてはならなかった輸入車市場だが、近年は買う側の趣向に合わせた、かゆい所に手が届くモデル作りがなされているのである。

とはいえ選択肢が増えたからこそ、返って見え難くなっている現実もある。作り手がカスタマーの方を向きすぎてしまった結果だろうか、見栄えのするクルマはいくらでもあるのだが実際にステアリングを握った時にクルマ好きを高揚させてくれるような、少し時間が経っても色褪せないような、趣味性の高い1台には滅多にお目にかかれないのである。

より魅力的なオルタナティブも


4月7日より発売開始するアバルト595/595CツーリズモMTリミテッドは、アバルト595/595Cツーリズモにマニュアルトランスミッションを組み合わせ、専用アルミホイールとイエローキャリパーでエクステリア上の特別感を演出。

ツーリズモには通常装備されないKONI製フロントショックアブソーバーも装備。また人気のガーラホワイトを595Cに、日本では初導入(MakeYourScorpion除く)となるトロフェオ・グレーを595に外装色として用意される。

●アバルト595ツーリズモMTリミテッド 右ハンドル:345万円(税込み)
●アバルト595ツーリズモMTリミテッド 左ハンドル:345万円(税込み)
●アバルト595CツーリズモMTリミテッド 右ハンドル:376万円(税込み)

「アバルト595/595CツーリズモMTリミテッド」メーカーサイトはこちら

next page「古典」を学びたいと思った

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ