特別企画

2018.04.02

アバルト595/124スパイダー 今こそMTが新鮮に感じる理由

数字と離れた「体感」の世界

売るためのクルマ作りがすっかり定着し、皆が闇雲にスペックを追いかけた結果、無個性なクルマが多くなってしまった現代の自動車シーン。そんな今だからこそ、小さくて力感に満ちたアバルト595が発する硬派なメッセージはひときわ強い輝きをもってファナティックの眼に映るのである。

数値を越えた体感性能、そんな現代アバルトの個性は、オープン2シーターのアバルト124スパイダーにも受け継がれている。595と同様、いにしえのアバルトに範をとるスパイダー・モデルは、595を凌ぐほどの鋭いターボキックによって乗り手を挑発してくる。

レヴカウンターの針の動きをチェックする余裕を与えないほどターボの効きはドラマチックであり、経験のあるドライバーならばシフトアップポイントを直感的に感じ取れるはずだ。現行車でこれほど主張の強い4気筒ターボなどないと言い切れるほどである。

124スパイダーの尖ったドライバビリティは、混みはじめる直前の都心を駆け抜けてエクストリーム出社するようなシチュエーションによく合う。一方休日にじっくりとワインディングを走り込むような使い方では、オープンカー・ドライビングの愉しみをより鮮明に堪能することができるだろう。

いつの時代もアバルトはファナティックが本能的に求めるドライビングの刺激を知り尽くしているのである。

より魅力的なオルタナティブも


4月7日より発売開始するアバルト595/595CツーリズモMTリミテッドは、アバルト595/595Cツーリズモにマニュアルトランスミッションを組み合わせ、専用アルミホイールとイエローキャリパーでエクステリア上の特別感を演出。

ツーリズモには通常装備されないKONI製フロントショックアブソーバーも装備。また人気のガーラホワイトを595Cに、日本では初導入(MakeYourScorpion除く)となるトロフェオ・グレーを595に外装色として用意される。

●アバルト595ツーリズモMTリミテッド 右ハンドル:345万円(税込み)
●アバルト595ツーリズモMTリミテッド 左ハンドル:345万円(税込み)
●アバルト595CツーリズモMTリミテッド 右ハンドル:376万円(税込み)

「アバルト595/595CツーリズモMTリミテッド」メーカーサイトはこちら