特別企画

2018.05.28

ベントレー・ベンテイガにV8登場 W12とどう違う? 比較試乗で検証

ベンテイガ初搭載のV8 W12との違いは

ベンテイガがデビュー時に採用した6ℓのW12ツインターボというパワーユニットのプロフィールこそ、ほかのW12を搭載するベントレーと同じに見えるものの、しかしこのパワーユニットはベンテイガ用に新開発されたもので、最高出力は608ps、最大トルクが91.8kg-mという圧倒的なパワーを披露する。

対して今回追加されたV8エンジンは4ℓのツインターボで、最高出力が550ps、最大トルクが78.5kg-m。その差は58psである。

従来モデルがW12だけに気筒数やスペックシートに載る数値だけを見てしまえば見劣りは否めないが、世の現行SUVたちと単純にスペックだけを比較すれば、550psのパワーは見劣りするどころかトップクラスに位置するものと紹介できる。

総排気量3996ccという数値からもわかるように、このエンジンの出自は、同じフォルクスワーゲングループの有するの有する4ℓV8ツインターボである。同じパワーユニットを採用するポルシェのカイエン・ターボとは、パワースペックとZF製8段ATを搭載する点まで同一で、さらにいえば前後トルク配分が40:60となる4WDシステムを採用するも同様である。

こうした事実だけを見ると、カイエン・ターボと姉妹車ともいえるベンテイガV8だが、スポーツカーブランドのSUVと、ラグジュアリーブランドのSUVというクラスや立ち位置はもちろん、細部の作り、走り=パフォーマンス上の狙い、そして存在感そのものがこの両車では大きく異なっている。

next pageV8とW12 内外装の違いはあるのか

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ